*

日本人と酒 17

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

筆者が神社の直会に参加すると、今も昵懇にしているある人から盛んに「献酬」が行われました。今でこそ献酬は少なくなりましたし、若い人の中にはその存在を知らない人も少なくないでしょう。献酬は礼儀として行われるも杯のやり取りであり、同じ杯で酒を飲み分けるものです。以前も触れたとおり、同じものを同じ器で飲み食いすると言うことに、神道は大きな意義を見出していたのです。

献酬は、まず目下の者が目上の者に杯を渡し、酒を注ぎます。これを献杯といい、まずは目上の者に十分に酒を飲んでもらうことです。そのあと「流れを頂戴する」ということで、目上の者から目下の者へと杯が流され、酒を注いでもらい、飲むのです。そして飲み干すと、杯を返します。このやり取りが一度から数度行われることもあります。

しかし現代ではこの意義が忘れられ、大した意味はない無理強いのしきたりと見なされたり、不衛生だと言われたり、各々が自由に飲んだほうが勝手気ままでよいなどとする考えが広がり、献酬は急速に廃れました。

こうして西洋流の浅い合理主義のもとに、日本民族の民俗行事が捨て去られていることは、もう少し問題視されてもよいと思います。深い部分から酒をとらえ、古き良きものは復活させていく。これは酒を愛する者の責務だと思います。

 


sponsored link

関連記事

no image

お酒と微生物(1)

皆さんは「微生物」にどのようなイメージを持っているでしょうか。風邪や病気がうつる「感染」を思い浮かべ

記事を読む

150x150_square_3732184

大阪のオススメ居酒屋・バー(大阪・福島編2)

本日は最近私がほんとに気に入ってる和食の店なのですが、 大阪福島にある「魚のすすめ」と言うお店をご

記事を読む

no image

適度なお酒で健康増進(2)

では具体的に、適度に飲めばどんな効果があるのでしょうか。   ・死亡率が低くな

記事を読む

supiritasu

世界の強いお酒(2)世界一のお酒はスピリタス

さて、では世界で最も強いお酒とは何なのでしょうか。それはポーランドのお酒であり、「スピリタス」という

記事を読む

no image

古くなったビールを活用する

ビールは保存条件によって賞味期限が大幅に変動するため、賞味期限が明記されていません。しかし、国内のメ

記事を読む

no image

映画にちなんだカクテル

ゴッドファーザーと言う有名な映画がありますね。この映画をイメージして作られた「ゴッドファーザー」とい

記事を読む

no image

缶ビールのおいしい飲み方(2)

次に冷やし方です。おいしく飲むためにやっているはずの冷やし方が実は間違っていて、味を損なっているかも

記事を読む

no image

赤ワインの効用

赤ワインの健康効果は、ポリフェノールが豊富に含まれることに由来しています。その証拠として、ワインの大

記事を読む

no image

日本人と酒 2

さて、ヤマタノオロチとはどのような怪物であったのか。古事記にはこのように書かれています。 &n

記事を読む

no image

オンザロックビールのすすめ(1)

さぁ、ビールが美味しい季節になりましたね。休日はビアガーデンでビールを飲むという人も多いと思いますが

記事を読む

  • 2018年6月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑