*

日本人と酒 17

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

筆者が神社の直会に参加すると、今も昵懇にしているある人から盛んに「献酬」が行われました。今でこそ献酬は少なくなりましたし、若い人の中にはその存在を知らない人も少なくないでしょう。献酬は礼儀として行われるも杯のやり取りであり、同じ杯で酒を飲み分けるものです。以前も触れたとおり、同じものを同じ器で飲み食いすると言うことに、神道は大きな意義を見出していたのです。

献酬は、まず目下の者が目上の者に杯を渡し、酒を注ぎます。これを献杯といい、まずは目上の者に十分に酒を飲んでもらうことです。そのあと「流れを頂戴する」ということで、目上の者から目下の者へと杯が流され、酒を注いでもらい、飲むのです。そして飲み干すと、杯を返します。このやり取りが一度から数度行われることもあります。

しかし現代ではこの意義が忘れられ、大した意味はない無理強いのしきたりと見なされたり、不衛生だと言われたり、各々が自由に飲んだほうが勝手気ままでよいなどとする考えが広がり、献酬は急速に廃れました。

こうして西洋流の浅い合理主義のもとに、日本民族の民俗行事が捨て去られていることは、もう少し問題視されてもよいと思います。深い部分から酒をとらえ、古き良きものは復活させていく。これは酒を愛する者の責務だと思います。

 


sponsored link

関連記事

no image

はずれワインの活用法(1)

ワインの好みは人によって大きく異なることもあるため、なんとなく買ってみた銘柄が自分の口に合わなかった

記事を読む

no image

ブランデーの効用

ブランデーはフランスでは「命の水」と呼ばれています。なぜならば、ブランデーはポリフェノールが豊富であ

記事を読む

no image

梅酒を使ったカクテル(2)

・梅酒ジンジャー ホットでもアイスでも楽しめます。アイスならば氷にジンジャーエールと梅酒を注ぎ

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

no image

日本人と酒 8

もうひとつの例がヤマトタケルノミコトがクマソタケルを討伐した際のことです。 ヤマトタケルノミコ

記事を読む

no image

ビールに使われている水

お酒は飲み物であり、飲み物である以上は原料となる水にどのような水を使うかによって、おいしいお酒になる

記事を読む

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(1)

夏といえばビール!そのように考える人は多いでしょう。確かに夏に冷えたビールを飲むのは美味しいことです

記事を読む

no image

千鳥足の語源

ひどく酔っぱらうとまっすぐ歩くことが困難になり、ふらふらしながら歩くことになります。このことを「千鳥

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られる(3)馬乳酒

次に紹介するのは馬乳酒です。これは若い人でも比較的知っている人が多いのではないでしょうか。なぜならば

記事を読む

no image

日本酒風呂のすすめ

日本酒は美容効果が非常に大きいお酒ですが、単に飲むだけではなく、お風呂に日本酒を入れた「日本酒風呂」

記事を読む

  • 2021年10月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑