*

日本人と酒 17

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

筆者が神社の直会に参加すると、今も昵懇にしているある人から盛んに「献酬」が行われました。今でこそ献酬は少なくなりましたし、若い人の中にはその存在を知らない人も少なくないでしょう。献酬は礼儀として行われるも杯のやり取りであり、同じ杯で酒を飲み分けるものです。以前も触れたとおり、同じものを同じ器で飲み食いすると言うことに、神道は大きな意義を見出していたのです。

献酬は、まず目下の者が目上の者に杯を渡し、酒を注ぎます。これを献杯といい、まずは目上の者に十分に酒を飲んでもらうことです。そのあと「流れを頂戴する」ということで、目上の者から目下の者へと杯が流され、酒を注いでもらい、飲むのです。そして飲み干すと、杯を返します。このやり取りが一度から数度行われることもあります。

しかし現代ではこの意義が忘れられ、大した意味はない無理強いのしきたりと見なされたり、不衛生だと言われたり、各々が自由に飲んだほうが勝手気ままでよいなどとする考えが広がり、献酬は急速に廃れました。

こうして西洋流の浅い合理主義のもとに、日本民族の民俗行事が捨て去られていることは、もう少し問題視されてもよいと思います。深い部分から酒をとらえ、古き良きものは復活させていく。これは酒を愛する者の責務だと思います。

 


sponsored link

関連記事

f16fe9e532fccdff56230b26c1f3222d

世界的に有名な食後酒

・イエガーマイスター 世界中で売られている大変有名なハーブリキュールに、ドイツ産のイエガーマイ

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

no image

実はコルクは凄かった(2)

驚くべきことは、コルクを作るのには非常に時間がかかるということです。 コルクはコルクガシという

記事を読む

cae43c10

生き物を漬け込んだお酒(2)

・スズメバチ酒   スズメバチ酒も作ったことがあります。知り合いの奉職する神社

記事を読む

youmart_4904230028406

焼酎の甲類と乙類の違い(1)

焼酎には甲類と乙類というふうに分類されていることは知っているでしょうか。また、知っている人はどのよう

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(7)

酒吞童子が奥に引っ込み、座には鬼たちと頼光一行が残ることになりました。頼光たちは神便鬼酒を周囲の鬼た

記事を読む

no image

冬に飲みたいお酒(2)

・ホットイタリアン これはリキュールベースのカクテルです。簡単に言うとスクリュードライバーを温

記事を読む

no image

ワインの保存は難しい?1

ワインは醸造酒の中でも劣化が早いもので、開栓後は早めに飲みきらなければならないものです。しかし、ワイ

記事を読む

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

no image

ビールができるまで(3)

ここから、いよいよアルコールを造る作業に入ります。まずは1次発酵であり、これに1週間を要します。麦汁

記事を読む

  • 2019年2月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑