*

日本人と酒 16

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

今では、酒を買ってきて家で夜のむ独酌のことを「晩酌」と言いますね。以前はこれを「おしきせ」と言っていましたが、「おしきせ」とは「御士著」または「御四季施」と書き、本来は時効に応じて主人が奉公人に対して給与する衣服を意味する言葉です。

なぜその言葉が晩酌にあてはめられたかと言うと、これは酒宴の席に列席できない奉公人に対して、主人が憐れみの気持ちからお酒を「おしきせ」の名のもとに与え、台所の片隅で独酌をやらせることから起こったのだと言われています。

しかし主人をはじめ酒宴に列席できる身分の者であっても、酒宴はいつでもあるわけではないから、自由気ままに居酒屋の店先で独酌したり、酒屋から酒を買ってきて、台所の片隅で独酌する奉公人のしぐさを真似て「おしきせ」の名のもとに独酌をするようになりました。

また、お茶屋で女の酌で独り酒を飲むようになったのもここに発しているとされ、「おしきせ」のほうが先であったと考えられています。大体日本の酒の飲み方の変化はこのようなものであろうと、民俗学などでは考えられています。

このように、酒の歴史を見てうんちくを知っておけば、酒の席で話しのネタにもなるでしょう。ここに書かれていること以外にも、気になることは調べてみると面白いかと思います。


sponsored link

関連記事

no image

日本酒の色々な飲み方(2)

○グラスを変える 普段はお猪口で飲んでいる日本酒も、グラスを変えて飲むことでまた違った味わいに

記事を読む

images-9

ビールの分類について

ビールは大別すると「ラガー」と「エール」の二種類に分けられます。分け方の基準は製造に使われる酵母の違

記事を読む

no image

ビール腹の真実(2)

ビール腹のイメージから、ビールは高カロリーのように思われています。しかし、実はビールのカロリーは低い

記事を読む

150x150_square_3732184

大阪のオススメ居酒屋・バー(大阪・福島編2)

本日は最近私がほんとに気に入ってる和食の店なのですが、 大阪福島にある「魚のすすめ」と言うお店をご

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(10)

以前、古事記に現れている日本人とお酒と関係を述べる際、須佐之男命のヤマタノオロチ退治、倭武命のクマソ

記事を読む

no image

ビールができるまで(2)

アミラーゼが十分につくられたら、次は焙燥(ばいそう)という工程に入ります。簡単にいえば乾燥させる作業

記事を読む

no image

日本人と酒 17

筆者が神社の直会に参加すると、今も昵懇にしているある人から盛んに「献酬」が行われました。今でこそ献酬

記事を読む

no image

ビールに合う意外なもの

以前某テレビ番組で、ビールに合う意外なおつまみが紹介されていました。普通、ビールのおつまみと言われれ

記事を読む

item202505201004p11

夏に飲みたい日本酒(2)

○篝火・極寒しぼり 生原酒 これは菊川酒造がつくる「篝火」の生原酒です。「極寒しぼり」の名前の

記事を読む

img_0

升酒の豆知識

現代でも升酒を見かける場面と言えば、居酒屋などで日本酒を頼むと、升の中にグラスを起き、あふれるように

記事を読む

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑