*

日本人と酒 15

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

このように、日本では独酌というものが行われるようになったのはごく最近のことなのです。もっとも、大きな酒宴の席では、下座の者にはなかなか杯が回ってこないため、「銘々杯」という小さなお猪口を渡しておいて、大杯が回ってくるまではそれでちびちびと飲んでいるということは行われていました。これが独酌に進化していったのではないかとする説もあります。

しかし、長い間独酌という風習は生まれず、むしろいやしいこととして賤しめられてきたのです。なぜならば、年に数回の祭りの時の晴れの酒盛りの席に出られないような身分の低い、いやしいとされる階層の人々がやむなく独酌をしていたことに依ります。

お金のない人が居酒屋の店先でたったまま、または少し腰掛けて塩をなめながら冷酒を一杯きゅっと飲むと言う行為をカクウチ、デハイ、テッパツなどといい、今でもカクウチなどという言葉は筆者は普通に用いますが、これは本来賤しむ気持ちを帯びたかなしい言葉であったのです。

つまり、日本で独酌という風習が長い間生まれなかったのは、神道思想による酒の解釈が一般庶民にまで浸透していたからだとも考えられるのです。日本人のもとつ命に帰って行くためには、やはり神道を日常に照らして考えるのが最も容易であり、そのような考えのもとに酒を飲むのは非常によいことと言えます。


sponsored link

関連記事

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(2)

○オンザロック この飲み方は定番ですね。夏も冷えた焼酎を美味しく飲みたいものです。ポイントはで

記事を読む

no image

アルコール依存症の恐怖

アルコール依存症は、昔は意志が弱い、だらしがない、道徳観が低いなどというマイナスイメージがつきまとっ

記事を読む

no image

日本酒のつくり方(3)

なんだか醸造アルコールが混ぜられているとわかると、騙されているような気分になりますね。ではどれくらい

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(3)

・のの 鮮やかなピンク色をしたスパークリング日本酒です。本当に日本酒か疑いたくなるほどの色合い

記事を読む

ビール

古代からのビールの歩み

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどう

記事を読む

no image

日本人と酒 6

これによって、ヤマタノオロチはすっかり酔い潰れ、前後不覚にねむりこんでしまいました。こうして一切の戦

記事を読む

no image

北海道の日本酒(1)

日本酒と言えば新潟を筆頭に東北が有名です。北海道の日本酒はほとんど知られていませんが、北海道もおいし

記事を読む

no image

酔っ払いと他の生き物

酔っぱらいというものは、時に人間と他の生き物の関係における均衡を崩してしまいます。その例を2つほど見

記事を読む

no image

黒ビールってなんだろう?(2)

○シュヴァルツ シュヴァルツはドイツ語で黒を意味しますが、これはドイツにおける黒ビールの代表格

記事を読む

Unknown

日本酒に良く合うおつまみ・食事

お酒によって、おつまみを選んだり、食事を選んだりするのでこれからは 日本酒だけではなくビールや焼酎

記事を読む

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑