*

日本人と酒 15

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

このように、日本では独酌というものが行われるようになったのはごく最近のことなのです。もっとも、大きな酒宴の席では、下座の者にはなかなか杯が回ってこないため、「銘々杯」という小さなお猪口を渡しておいて、大杯が回ってくるまではそれでちびちびと飲んでいるということは行われていました。これが独酌に進化していったのではないかとする説もあります。

しかし、長い間独酌という風習は生まれず、むしろいやしいこととして賤しめられてきたのです。なぜならば、年に数回の祭りの時の晴れの酒盛りの席に出られないような身分の低い、いやしいとされる階層の人々がやむなく独酌をしていたことに依ります。

お金のない人が居酒屋の店先でたったまま、または少し腰掛けて塩をなめながら冷酒を一杯きゅっと飲むと言う行為をカクウチ、デハイ、テッパツなどといい、今でもカクウチなどという言葉は筆者は普通に用いますが、これは本来賤しむ気持ちを帯びたかなしい言葉であったのです。

つまり、日本で独酌という風習が長い間生まれなかったのは、神道思想による酒の解釈が一般庶民にまで浸透していたからだとも考えられるのです。日本人のもとつ命に帰って行くためには、やはり神道を日常に照らして考えるのが最も容易であり、そのような考えのもとに酒を飲むのは非常によいことと言えます。


sponsored link

関連記事

no image

杜氏ってどんな人?(2)

幕藩体制の際には、夏場は耕作をして冬は休耕となるため何らかの内職を行って生活していましたが、その貧し

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(2)

日本酒を適切に保存するためには、光を当てないことのほかに温度管理も大切です。基本的な保存温度は常温以

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(4)

6、酸度 これは、日本酒に含まれる酸の総量を示します。日本酒にはコハク酸、リンゴ酸、乳酸などの

記事を読む

no image

白ワインと赤ワインのグラスの違い

パーティやレストランでワインを飲むときに気づくことがあります。それは、赤ワインと白ワインでは大きさが

記事を読む

no image

メキシコ流のテキーラの飲み方

  テキーラはショットグラスでストレートで飲むイメージを持っている人もいることでしょ

記事を読む

no image

ロゼ・ワインの醸造法

ロゼ・ワインは白ワインと赤ワインの中間的なワインであり、色は“ロゼ”の名の通りバラのようなピンク色を

記事を読む

no image

お酒を健康に役立てる(3)薬酒の歴史

薬酒は世界中に様々なものがありますが、中でも有名なのは生薬・漢方の本場である中国のものでしょう。中国

記事を読む

no image

日本酒のつくり方(3)

なんだか醸造アルコールが混ぜられているとわかると、騙されているような気分になりますね。ではどれくらい

記事を読む

no image

血糖値にもいい芋焼酎

糖質を含んだお酒は血糖値が上がる作用があるため、血糖値が高い人は飲むことはできません。しかし蒸留酒は

記事を読む

knockeen-90

世界の強いお酒(7)ノッキーン・ポチーン

世界で一番強いお酒はスピリタス、そして第二位はエバークリアでした。そして第三位の強さを持つお酒はアイ

記事を読む

  • 2020年2月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑