*

日本人と酒 15

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

このように、日本では独酌というものが行われるようになったのはごく最近のことなのです。もっとも、大きな酒宴の席では、下座の者にはなかなか杯が回ってこないため、「銘々杯」という小さなお猪口を渡しておいて、大杯が回ってくるまではそれでちびちびと飲んでいるということは行われていました。これが独酌に進化していったのではないかとする説もあります。

しかし、長い間独酌という風習は生まれず、むしろいやしいこととして賤しめられてきたのです。なぜならば、年に数回の祭りの時の晴れの酒盛りの席に出られないような身分の低い、いやしいとされる階層の人々がやむなく独酌をしていたことに依ります。

お金のない人が居酒屋の店先でたったまま、または少し腰掛けて塩をなめながら冷酒を一杯きゅっと飲むと言う行為をカクウチ、デハイ、テッパツなどといい、今でもカクウチなどという言葉は筆者は普通に用いますが、これは本来賤しむ気持ちを帯びたかなしい言葉であったのです。

つまり、日本で独酌という風習が長い間生まれなかったのは、神道思想による酒の解釈が一般庶民にまで浸透していたからだとも考えられるのです。日本人のもとつ命に帰って行くためには、やはり神道を日常に照らして考えるのが最も容易であり、そのような考えのもとに酒を飲むのは非常によいことと言えます。


sponsored link

関連記事

no image

ウォッカを知ろう(1)

ウォッカと言うのはロシアのお酒です。多くの人はウォッカに対して、無色透明で非常にきついお酒という印象

記事を読む

no image

ワインの醸造法

ワインの醸造法は非常に単純です。原理としてはブドウをつぶして果汁を発酵させると言うだけです。ブドウは

記事を読む

no image

チェイサーについて

チェイサーというものがありますね。これは強いお酒を飲んだ時に、口の中をさっぱりさせるために水を飲むの

記事を読む

no image

寝酒でぐっすり寝られるか

不眠で悩んでいる人の中には、ぐっすりと眠るために、寝る前にお酒を飲んでから練ると言う人がいます。いわ

記事を読む

no image

発酵って何?(1)

お酒に関する話題を扱うときには、よく「発酵」という言葉を使いますが、これはじつはどういう意味なのか、

記事を読む

no image

血糖値にもいい芋焼酎

糖質を含んだお酒は血糖値が上がる作用があるため、血糖値が高い人は飲むことはできません。しかし蒸留酒は

記事を読む

no image

二日酔いの予防法

二日酔いになった時の対策を紹介してきましたが、最も良いのは二日酔いにならないことであり、予防法を知る

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(9)

ちなみに、酒で動きを封じられ、騙し打ちをされた酒吞童子は、死に際に頼光たちに対して 「鬼に横道

記事を読む

mo_main_img03

日本酒の管理・保存(1)

日本酒を家庭で飲むと言う人も多いと思いますが、はたして適切に管理・保存できているでしょうか?日本酒は

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(7)

酒吞童子が奥に引っ込み、座には鬼たちと頼光一行が残ることになりました。頼光たちは神便鬼酒を周囲の鬼た

記事を読む

  • 2019年7月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑