*

日本人と酒 14

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

古代の酒盛りは神聖なものでしたが、それは時代とともに変わってきました。それは酒の醸造技術が進歩し、それに伴って人々の生活が変化したことに依ります。戦国時代の末期から江戸時代の初期にかけて大きな変化が起こっています。

酒の醸造技術が進歩して酒が簡単に手に入るようになると、それまでは濁酒であったものが清酒になり、自家製のどぶろくが専門業者のものを飲むようになりました。一般庶民の経済生活も少しずつ豊かになり、店先で酒を飲ませる居酒屋が普及していきました。

同時に、本来はお茶だけを飲ませていたお茶屋のメニューに「お茶」の名目で酒を飲ませる店ができ、お酌をする女を置いて小料理屋化していきました。茶屋酒という言葉ができたのもこのことからです。

金を持っている者はお茶屋の部屋に上がり込んで女のお酌を相手にして遊びとしての酒を飲む。金をあまり持っていないものは居酒屋の店先でカクウチなどといって、塩をなめながら升についでもらった冷酒をグッとのんで家に帰るという風習が生まれました。

酒屋で酒を買って家で一人でのむというのもこの時代に初めて生まれました。こうして人々は今日の疲れを取り、明日の心身の活力を養うようになったのです。


sponsored link

関連記事

no image

二日酔いを解消する方法(2)

・汗をかこう 汗をかくと言う方法は有効な方法です。汗をかくと体の代謝が高まるため、二日酔いの原

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(3)

ワインは製法によって名前が変わります。スティルワイン(非発泡性ワイン)、スパークリングワイン(発泡性

記事を読む

no image

ビールに合う意外なもの

以前某テレビ番組で、ビールに合う意外なおつまみが紹介されていました。普通、ビールのおつまみと言われれ

記事を読む

no image

日本人と酒 5

あまり神道的解釈を深くし過ぎてもお酒の話から逸脱してしまいます。ヤマタノオロチ退治の話に戻しましょう

記事を読む

no image

ビールに使われている水

お酒は飲み物であり、飲み物である以上は原料となる水にどのような水を使うかによって、おいしいお酒になる

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られている(1)ヤシ酒

お酒の原料と言えば果物か穀物だけだと思っていませんか?確かになじみ深いビール、焼酎、日本酒、ウイスキ

記事を読む

no image

バーボンのすすめ1

バーボンの正式名称はバーボンウイスキーですが、バーボンはアメリカ合衆国のケンタッキー州を中心に作られ

記事を読む

no image

スパークリングワインの醸造法

ワインの一種に炭酸入りのワイン、すなわちスパークリングワインがあります。これを作るためには、製造され

記事を読む

no image

ビール腹の真実(1)

さて、ビールがおいしい時期になってきましたね。喉の渇きを我慢して我慢して、家に帰って冷蔵庫に欠けより

記事を読む

no image

適度なお酒で健康増進(2)

では具体的に、適度に飲めばどんな効果があるのでしょうか。   ・死亡率が低くな

記事を読む

  • 2020年2月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑