*

日本人と酒 14

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

古代の酒盛りは神聖なものでしたが、それは時代とともに変わってきました。それは酒の醸造技術が進歩し、それに伴って人々の生活が変化したことに依ります。戦国時代の末期から江戸時代の初期にかけて大きな変化が起こっています。

酒の醸造技術が進歩して酒が簡単に手に入るようになると、それまでは濁酒であったものが清酒になり、自家製のどぶろくが専門業者のものを飲むようになりました。一般庶民の経済生活も少しずつ豊かになり、店先で酒を飲ませる居酒屋が普及していきました。

同時に、本来はお茶だけを飲ませていたお茶屋のメニューに「お茶」の名目で酒を飲ませる店ができ、お酌をする女を置いて小料理屋化していきました。茶屋酒という言葉ができたのもこのことからです。

金を持っている者はお茶屋の部屋に上がり込んで女のお酌を相手にして遊びとしての酒を飲む。金をあまり持っていないものは居酒屋の店先でカクウチなどといって、塩をなめながら升についでもらった冷酒をグッとのんで家に帰るという風習が生まれました。

酒屋で酒を買って家で一人でのむというのもこの時代に初めて生まれました。こうして人々は今日の疲れを取り、明日の心身の活力を養うようになったのです。


sponsored link

関連記事

no image

お酒を健康に役立てる(1)養命酒

日本人なら誰でも知っている薬酒といえば養命酒でしょう。ドラッグストアに行けば置いてあるロングセラー商

記事を読む

bar_in_dt

バーで飲むこと~初心者編~

いつもお酒を飲むなら自宅か居酒屋という人が多いと思いますが、バーで飲むのもいいものです。行きつけのバ

記事を読む

c4e9fe02

実はコルクは凄かった(1)

自分の飲んだワインの記念にコルクを収集する人もいますが、実はこのコルクは非常に時間をかけて作られてい

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られる(3)馬乳酒

次に紹介するのは馬乳酒です。これは若い人でも比較的知っている人が多いのではないでしょうか。なぜならば

記事を読む

no image

お燗のポイント(2)

燗をつける時に電子レンジで漬けることがありますが、これは良くありません。やはりお燗をする時には鍋にお

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(4)

○とろろ酒 これもしょうが酒やにんにく酒に通じるものです。山芋をすりおろしておわんに入れ、だし

記事を読む

no image

バーボンのすすめ1

バーボンの正式名称はバーボンウイスキーですが、バーボンはアメリカ合衆国のケンタッキー州を中心に作られ

記事を読む

cae43c10

生き物を漬け込んだお酒(2)

・スズメバチ酒   スズメバチ酒も作ったことがあります。知り合いの奉職する神社

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(1)色

ワインは色と香り、そして味で楽しみます。この3つの要素を観察してワインを評価することをワインテイステ

記事を読む

no image

お燗のポイント

お燗をするとき、熱燗にするつもりがぬる燗になってしまった、またはぬる燗にするつもりが熱燗になってしま

記事を読む

  • 2018年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑