*

日本人と酒 14

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

古代の酒盛りは神聖なものでしたが、それは時代とともに変わってきました。それは酒の醸造技術が進歩し、それに伴って人々の生活が変化したことに依ります。戦国時代の末期から江戸時代の初期にかけて大きな変化が起こっています。

酒の醸造技術が進歩して酒が簡単に手に入るようになると、それまでは濁酒であったものが清酒になり、自家製のどぶろくが専門業者のものを飲むようになりました。一般庶民の経済生活も少しずつ豊かになり、店先で酒を飲ませる居酒屋が普及していきました。

同時に、本来はお茶だけを飲ませていたお茶屋のメニューに「お茶」の名目で酒を飲ませる店ができ、お酌をする女を置いて小料理屋化していきました。茶屋酒という言葉ができたのもこのことからです。

金を持っている者はお茶屋の部屋に上がり込んで女のお酌を相手にして遊びとしての酒を飲む。金をあまり持っていないものは居酒屋の店先でカクウチなどといって、塩をなめながら升についでもらった冷酒をグッとのんで家に帰るという風習が生まれました。

酒屋で酒を買って家で一人でのむというのもこの時代に初めて生まれました。こうして人々は今日の疲れを取り、明日の心身の活力を養うようになったのです。


sponsored link

関連記事

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(9)

ちなみに、酒で動きを封じられ、騙し打ちをされた酒吞童子は、死に際に頼光たちに対して 「鬼に横道

記事を読む

Unknown-2

ビールに合うおつまみ・食事

前回、日本酒に合うおつまみ・食事を紹介致しました。 と言っても基本おつまみの話しかしていませんが(

記事を読む

no image

カナダのお酒

カナダにはワインの産地があります。かの有名なナイアガラの滝の北東に位置するオンタリオ州であり、カナダ

記事を読む

no image

ワインボトルの形の違い

ワインを選ぶ時に気になったことがあるかもしれません。ワインボトルの形の違いです。それぞれの形には様々

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(5)

発泡性のワインは炭酸ガスを内包しており、3気圧以上のガス圧をもっているものはスパークリングワインとさ

記事を読む

no image

ビアカクテル(1)

ビールがおいしい季節になりましたが、ビールはそのまま飲むだけでなく、カクテルの材料としてビアカクテル

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(1)

ワインの好みは人によって大きく異なることもあるため、なんとなく買ってみた銘柄が自分の口に合わなかった

記事を読む

no image

日本酒のつくり方(3)

なんだか醸造アルコールが混ぜられているとわかると、騙されているような気分になりますね。ではどれくらい

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(2)

日本酒を適切に保存するためには、光を当てないことのほかに温度管理も大切です。基本的な保存温度は常温以

記事を読む

no image

お祝いの席でシャンパンを飲む理由

結婚披露宴や祝賀パーティをはじめ、めでたい席で乾杯をする際にはシャンパンがよく用いられます。これはな

記事を読む

  • 2019年12月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑