*

日本人と酒 13

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

また、大杯で飲みまわすのではなく、大・中・小の3つの杯を3回ずつ飲みまわすところもあります。つまり1人につき9回飲むことになり、これが本当の「三々九度」というものです。結婚式の三々九度は名前ばかりの略式で、大で1回、中で1回、小で1回の計3回飲みますが、これは本来の形ではありません。

なぜ9回も飲むのかと言うと、それはこれまでにも述べてきたとおり、酔っぱらうことが大切だからです。地方によれば五つ重ねの杯を3回飲むこともあり、この場合は15回も飲むわけで結構な量を飲むことになります。また、酔っぱらうという目的を考えると、三々九度の杯も今のものよりもずっと大きな三つ重ねが用いられていたことでしょう。

こうして酔っぱらうと歌うものが出て、踊るものも出て、まことにめでたい酒盛りとなり、人と人が結びつくわけです。

 

神社の直会では未だにこの名残が強く、実際に歌う、踊るといった愉快な宴も存在します。筆者も参加した折には浪曲などを披露して、場を盛り上げるのに一役買ったものでした。

最近の酒盛りにはこの部分が弱く感じられます。愉快さが足りないように思います。ただ酒を飲んで話しをするくらいのものが多いでしょう。また、飲酒運転の規制が厳しくなってからは、直会に参加をしても酒を飲まずに帰る人が多くなりました。飲酒運転を肯定するわけではありませんが、なにやらさびしい感じを覚えています。


sponsored link

関連記事

no image

焼酎の効用

焼酎は日本人には馴染みが深いお酒です。筆者は特に九州の産なので、特に馴染みが深いですね。 しか

記事を読む

no image

日本人と酒 17

筆者が神社の直会に参加すると、今も昵懇にしているある人から盛んに「献酬」が行われました。今でこそ献酬

記事を読む

no image

ビールにまつわる笑える間違い

今から、ビールの原料にまつわる話をしますが、その前に一つ考えていただきたいことがあります。あなたは「

記事を読む

no image

日本人と酒 2

さて、ヤマタノオロチとはどのような怪物であったのか。古事記にはこのように書かれています。 &n

記事を読む

Unknown

赤ワインの染み抜き

赤ワインを飲む際は、衣類にこぼしたりしないように注意を払って 飲まなければいけないと思います。

記事を読む

no image

白ワインと赤ワインのグラスの違い

パーティやレストランでワインを飲むときに気づくことがあります。それは、赤ワインと白ワインでは大きさが

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(1)

夏といえばビールと思っている人も多いでしょう。確かにそれも間違いではありませんが、なるに飲むのはカク

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(4)

・ちょびっと乾杯シリーズ   ちょびっと、というネーミングが非常にかわいらしい

記事を読む

1syoumasu-hinoki

升酒の正しい飲み方

最近では升酒でお酒を飲むことはほとんどなくなりましたが、今でも何かの祝いの際には升酒を飲む習慣があり

記事を読む

no image

自家製梅酒の作り方

夏バテに効果のある梅酒を自宅で作ってみましょう。以下にオーソドックスな梅酒の作り方を解説します。

記事を読む

  • 2021年1月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑