*

日本人と酒 13

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

また、大杯で飲みまわすのではなく、大・中・小の3つの杯を3回ずつ飲みまわすところもあります。つまり1人につき9回飲むことになり、これが本当の「三々九度」というものです。結婚式の三々九度は名前ばかりの略式で、大で1回、中で1回、小で1回の計3回飲みますが、これは本来の形ではありません。

なぜ9回も飲むのかと言うと、それはこれまでにも述べてきたとおり、酔っぱらうことが大切だからです。地方によれば五つ重ねの杯を3回飲むこともあり、この場合は15回も飲むわけで結構な量を飲むことになります。また、酔っぱらうという目的を考えると、三々九度の杯も今のものよりもずっと大きな三つ重ねが用いられていたことでしょう。

こうして酔っぱらうと歌うものが出て、踊るものも出て、まことにめでたい酒盛りとなり、人と人が結びつくわけです。

 

神社の直会では未だにこの名残が強く、実際に歌う、踊るといった愉快な宴も存在します。筆者も参加した折には浪曲などを披露して、場を盛り上げるのに一役買ったものでした。

最近の酒盛りにはこの部分が弱く感じられます。愉快さが足りないように思います。ただ酒を飲んで話しをするくらいのものが多いでしょう。また、飲酒運転の規制が厳しくなってからは、直会に参加をしても酒を飲まずに帰る人が多くなりました。飲酒運転を肯定するわけではありませんが、なにやらさびしい感じを覚えています。


sponsored link

関連記事

no image

日本人と酒 5

あまり神道的解釈を深くし過ぎてもお酒の話から逸脱してしまいます。ヤマタノオロチ退治の話に戻しましょう

記事を読む

no image

お酒に強い人と弱い人(2)

一番お酒が弱い人は小さなグラスにビールを一杯のんだだけでも酩酊するものですが、これは父親と母親の両方

記事を読む

no image

芋焼酎のおいしい飲み方

芋焼酎をおいしく飲むためには、そのための方法があります。ここではおいしく飲むための方法を学んで、芋焼

記事を読む

knockeen-90

世界の強いお酒(7)ノッキーン・ポチーン

世界で一番強いお酒はスピリタス、そして第二位はエバークリアでした。そして第三位の強さを持つお酒はアイ

記事を読む

no image

血糖値が高いとビールはNG?

ビールは本来健康によい効果をもたらすものですが、血糖値が高い人にとってはNGです。なぜならば、ビール

記事を読む

no image

泡盛について(3)

泡盛の最大の特徴は、黒麹菌の発酵によって作られていると言うことです。黒麹菌はクエン酸を作り出す菌であ

記事を読む

no image

鹿児島人と芋焼酎

鹿児島はお米がとれにくい土地柄であるため、昔からサツマイモの生産が盛んです。そのため、貴重な米を消費

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(5)

頼光の豪快な飲みっぷりと食いっぷりに感心した酒吞童子は 「どうだ、おいしいだろう」 と言

記事を読む

no image

お勧め商品一覧

ABCDE ★ 報酬高asp2商品 ★  各1個ずつ注文お願いします。 ホソカワミクロ

記事を読む

no image

ビールに合う意外なもの

以前某テレビ番組で、ビールに合う意外なおつまみが紹介されていました。普通、ビールのおつまみと言われれ

記事を読む

  • 2019年3月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑