*

日本人と酒 13

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

また、大杯で飲みまわすのではなく、大・中・小の3つの杯を3回ずつ飲みまわすところもあります。つまり1人につき9回飲むことになり、これが本当の「三々九度」というものです。結婚式の三々九度は名前ばかりの略式で、大で1回、中で1回、小で1回の計3回飲みますが、これは本来の形ではありません。

なぜ9回も飲むのかと言うと、それはこれまでにも述べてきたとおり、酔っぱらうことが大切だからです。地方によれば五つ重ねの杯を3回飲むこともあり、この場合は15回も飲むわけで結構な量を飲むことになります。また、酔っぱらうという目的を考えると、三々九度の杯も今のものよりもずっと大きな三つ重ねが用いられていたことでしょう。

こうして酔っぱらうと歌うものが出て、踊るものも出て、まことにめでたい酒盛りとなり、人と人が結びつくわけです。

 

神社の直会では未だにこの名残が強く、実際に歌う、踊るといった愉快な宴も存在します。筆者も参加した折には浪曲などを披露して、場を盛り上げるのに一役買ったものでした。

最近の酒盛りにはこの部分が弱く感じられます。愉快さが足りないように思います。ただ酒を飲んで話しをするくらいのものが多いでしょう。また、飲酒運転の規制が厳しくなってからは、直会に参加をしても酒を飲まずに帰る人が多くなりました。飲酒運転を肯定するわけではありませんが、なにやらさびしい感じを覚えています。


sponsored link

関連記事

item202505201004p11

夏に飲みたい日本酒(2)

○篝火・極寒しぼり 生原酒 これは菊川酒造がつくる「篝火」の生原酒です。「極寒しぼり」の名前の

記事を読む

no image

お酒に関する資格(1)

お酒を愛してやまない皆様の中には、自他共に認めるお酒愛好家になるためにも、お酒の資格はないのだろうか

記事を読む

no image

発酵って何?(2)

では酸素がある状態ではどうなるのでしょうか。酵母は、なにもわざわざ好き好んで無酸素状態でアルコール発

記事を読む

no image

日本人と酒 3

さらに言うならば、スサノオノミコトはヤマタノオロチを退治した後に、その尻尾を切り裂いて三種の神器の一

記事を読む

no image

梅酒を使ったカクテル(3)

・いちご梅酒 イチゴ、梅酒、氷を等量ずつ入れてミキサーにかければ出来上がりです。イチゴ果汁たっ

記事を読む

no image

ビールとワインが豊富なオーストラリア

オーストラリアで一番飲まれているお酒はビールです。種類が非常に多く、各州ごとに地ビールをもっており、

記事を読む

no image

ブランデーの効用

ブランデーはフランスでは「命の水」と呼ばれています。なぜならば、ブランデーはポリフェノールが豊富であ

記事を読む

no image

ジンの効用

筆者が大好きなお酒の一つジンにも、多くの効用があります。 なにせ、ジンというお酒はもともと薬と

記事を読む

img56535386

世界の強いお酒(4)リモンチェッロをつくろう

ここまでスピリタスの解説をしてきましたが、スピリタスを使った果実酒作りをしてみましょう。リモンチェッ

記事を読む

no image

ショットガンスタイル

先日YouTubeを見ていたら、どこをどうたどったか、バカ殿の動画に行き着きました。志村けんはお酒が

記事を読む

  • 2020年2月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑