*

日本人と酒 12

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

田舎に残っている風習を見ても、古代の酒盛りが残っています。たとえば結婚式の席などで、酒が1升も2升も入るような馬鹿でかい大杯に酒をなみなみと注ぎ、それを次々と飲みまわしていくのです。ただ同じ酒を飲むだけでなく、同じ杯で飲みまわすと言うところにも神道的意義があります。

おなじもの食べる、飲む、というのは「同じ釜の飯を食う」ということであり、このことが非常に人と人を結びつける行為だと言うことも神道の神話に基づく思想です。少しお話しましょう。

 

はじめ国や様々な神様をお生みになったのはイザナギノミコトとイザナミノミコトという夫婦の神様ですが、イザナミノミコトは火の神さまをお生みになったときにやけどでお亡くなりになります。そして黄泉の国という死後の世界に行かれるのです。

それを悲しんだイザナギノミコトは、イザナミノミコトにもう一度会って死後の世界から帰って来るように説得するため、黄泉の国に行きます。

イザナギノミコトが黄泉の国の奥深くに入って行ったとき、イザナミノミコトの姿は見えないものの、どこからか声がします。イザナギノミコトは帰ってくるように言いますが、イザナミノミコトはそれはできないと言います。その理由は「よもつへぐひ」といって、黄泉の国の食べ物を食べたからでした。

つまり、黄泉の国の者たちと同じものを食べたイザナミノミコトは、すでに黄泉の国とは断ち切れない縁を持ってしまったがために、再びイザナギノミコトのもとに帰ることができなかったのです。

 

 

このように、同じものを飲み食いするということには、人同士を結び付けるためにとても意義のあることなのです。そして結婚式の席で親族ともども同じ杯で同じ酒を飲むことによって一族の結びつきを強めるという意味があるのです。


sponsored link

関連記事

no image

日本酒の管理・保存(4)

日本酒に限った事ではありませんが、やはり開封後は低温で保存し、早めに飲みきることが大切です。栓を開け

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(1)

ウォッカと言うのはロシアのお酒です。多くの人はウォッカに対して、無色透明で非常にきついお酒という印象

記事を読む

3643-03

世界の強いお酒(6)エバークリア

世界で一番強いお酒はスピリタスです。アルコール度数は96%にもなるのですから、ぶっちぎりのナンバーワ

記事を読む

no image

夏に飲みたい日本酒ロック(2)

日本酒ロックの基本的な飲み方は氷を入れたグラスに日本酒を注ぐと言うものですが、日本酒ロックの飲み方は

記事を読む

no image

お酒に強い人と弱い人(1)

世界の人種を大別すると、モンゴロイド、ネグロイド、コーカソイドに別れ、日本人はモンゴロイドに含まれま

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(1)

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(1)色

ワインは色と香り、そして味で楽しみます。この3つの要素を観察してワインを評価することをワインテイステ

記事を読む

aeygt

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(3)

○第3のビール 第3のビールは、新ジャンルという呼び方でも呼ばれます。これは麦芽の使用率が25

記事を読む

no image

お燗のポイント

お燗をするとき、熱燗にするつもりがぬる燗になってしまった、またはぬる燗にするつもりが熱燗になってしま

記事を読む

no image

北海道の日本酒(1)

日本酒と言えば新潟を筆頭に東北が有名です。北海道の日本酒はほとんど知られていませんが、北海道もおいし

記事を読む

  • 2018年6月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑