*

日本人と酒 12

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

田舎に残っている風習を見ても、古代の酒盛りが残っています。たとえば結婚式の席などで、酒が1升も2升も入るような馬鹿でかい大杯に酒をなみなみと注ぎ、それを次々と飲みまわしていくのです。ただ同じ酒を飲むだけでなく、同じ杯で飲みまわすと言うところにも神道的意義があります。

おなじもの食べる、飲む、というのは「同じ釜の飯を食う」ということであり、このことが非常に人と人を結びつける行為だと言うことも神道の神話に基づく思想です。少しお話しましょう。

 

はじめ国や様々な神様をお生みになったのはイザナギノミコトとイザナミノミコトという夫婦の神様ですが、イザナミノミコトは火の神さまをお生みになったときにやけどでお亡くなりになります。そして黄泉の国という死後の世界に行かれるのです。

それを悲しんだイザナギノミコトは、イザナミノミコトにもう一度会って死後の世界から帰って来るように説得するため、黄泉の国に行きます。

イザナギノミコトが黄泉の国の奥深くに入って行ったとき、イザナミノミコトの姿は見えないものの、どこからか声がします。イザナギノミコトは帰ってくるように言いますが、イザナミノミコトはそれはできないと言います。その理由は「よもつへぐひ」といって、黄泉の国の食べ物を食べたからでした。

つまり、黄泉の国の者たちと同じものを食べたイザナミノミコトは、すでに黄泉の国とは断ち切れない縁を持ってしまったがために、再びイザナギノミコトのもとに帰ることができなかったのです。

 

 

このように、同じものを飲み食いするということには、人同士を結び付けるためにとても意義のあることなのです。そして結婚式の席で親族ともども同じ杯で同じ酒を飲むことによって一族の結びつきを強めるという意味があるのです。


sponsored link

関連記事

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(6)

酒吞童子は頼光たちが吃驚していることも知らずに話を続けます。 「わしも本当は都に住みたいと思っ

記事を読む

no image

日本人と酒 2

さて、ヤマタノオロチとはどのような怪物であったのか。古事記にはこのように書かれています。 &n

記事を読む

no image

お祝いの席でシャンパンを飲む理由

結婚披露宴や祝賀パーティをはじめ、めでたい席で乾杯をする際にはシャンパンがよく用いられます。これはな

記事を読む

no image

発酵って何?(2)

では酸素がある状態ではどうなるのでしょうか。酵母は、なにもわざわざ好き好んで無酸素状態でアルコール発

記事を読む

no image

日本酒風呂のすすめ

日本酒は美容効果が非常に大きいお酒ですが、単に飲むだけではなく、お風呂に日本酒を入れた「日本酒風呂」

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(4)

○ソル・クバーノ グレープフルーツを加えることでフルーティな味わいになります。カクテルの名前は

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られる(3)馬乳酒

次に紹介するのは馬乳酒です。これは若い人でも比較的知っている人が多いのではないでしょうか。なぜならば

記事を読む

supiritasu

世界の強いお酒(2)世界一のお酒はスピリタス

さて、では世界で最も強いお酒とは何なのでしょうか。それはポーランドのお酒であり、「スピリタス」という

記事を読む

no image

白ワインと赤ワインのグラスの違い

パーティやレストランでワインを飲むときに気づくことがあります。それは、赤ワインと白ワインでは大きさが

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(1)

日本酒のラベルには様々なデザインがあり、ラベルをコレクションするコレクターもいるだけですが、ラベルに

記事を読む

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑