*

日本人と酒 11

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

現代に伝わる古代の酒盛りを見ると、神社の後の直会や田舎の風習に残っています。神社では大きなお祭りが終わると、参列した人々とともに食事をとるという風習を未だに保っている神社があります。この時には神にささげたお酒を皆で飲んで歓談すると言うものであり、非常に楽しいものです。

筆者も直会から非常に大きな恵みを受けた一人です。筆者がまだ学生だった頃、神社と縁を持ち、お祭りに参列し、直会の席に参加をして食事をいただくということをよくやっていました。学生ということで神主のみなさんは非常によくして下さったし、貧乏学生の私にはごちそうが食べられる楽しみな行事でもありました。

しかしそれ以上に、直会には地方の名士をはじめ色々な人が参加されています。平均年齢を見ると50は下らないでしょう。そのような中で学生がひとりぽつんと参加しているものですから、皆興味をもってくれます。こうして若くして地方の名士とも、酒の霊力で結びつくことができたのです。

就職氷河期と言われる時代に、ウチにこい、面倒を見てやるなどと言って下さった社長がたくさんおりました。結局そんな中でだれか一人の社長さんを頼ると仁義が立たなくなると思ってすべてお断りしましたが、酒の霊力を痛感したものです。


sponsored link

関連記事

no image

新しい日本酒の飲み方・サケボム

海外の若者たちの間では日本酒の新しい飲み方として「サケボム」と言うものが流行りつつあります。起源は韓

記事を読む

no image

ワインの歴史

ワインをはじめとする果実酒の歴史は非常に古いものです。推測に依れば、落ちた果実が自然に発行したものか

記事を読む

no image

お酒に関する資格(2)

・ビアテイスター ワインにはワインソムリエと言う資格がありますが、ビールにもソムリエの資格があ

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(1)

ウォッカと言うのはロシアのお酒です。多くの人はウォッカに対して、無色透明で非常にきついお酒という印象

記事を読む

no image

フランスのお酒はフレンチとともに

フランスのお酒と言えば、ワインです。フランス人にとってはワインは非常に身近な存在であり、フランス人は

記事を読む

no image

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(1)

酒の主成分はエタノールであり、日常生活でアルコールというときにはエタノールのことを指しています。エタ

記事を読む

item202505201004p11

夏に飲みたい日本酒(2)

○篝火・極寒しぼり 生原酒 これは菊川酒造がつくる「篝火」の生原酒です。「極寒しぼり」の名前の

記事を読む

20091011_787595

梅酒を一週間で作る方法

先日梅雨があけましたが、この時期になると梅の実が売られ始めます。この梅を使って梅酒を作る人も多いこと

記事を読む

Unknown-1

赤ワインの健康効果

最近はそれほど騒がれてはいませんが、一昔前は赤ワインを飲むと 健康になるといった、ブームがありまし

記事を読む

  • 2020年10月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑