*

日本人と酒 11

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

現代に伝わる古代の酒盛りを見ると、神社の後の直会や田舎の風習に残っています。神社では大きなお祭りが終わると、参列した人々とともに食事をとるという風習を未だに保っている神社があります。この時には神にささげたお酒を皆で飲んで歓談すると言うものであり、非常に楽しいものです。

筆者も直会から非常に大きな恵みを受けた一人です。筆者がまだ学生だった頃、神社と縁を持ち、お祭りに参列し、直会の席に参加をして食事をいただくということをよくやっていました。学生ということで神主のみなさんは非常によくして下さったし、貧乏学生の私にはごちそうが食べられる楽しみな行事でもありました。

しかしそれ以上に、直会には地方の名士をはじめ色々な人が参加されています。平均年齢を見ると50は下らないでしょう。そのような中で学生がひとりぽつんと参加しているものですから、皆興味をもってくれます。こうして若くして地方の名士とも、酒の霊力で結びつくことができたのです。

就職氷河期と言われる時代に、ウチにこい、面倒を見てやるなどと言って下さった社長がたくさんおりました。結局そんな中でだれか一人の社長さんを頼ると仁義が立たなくなると思ってすべてお断りしましたが、酒の霊力を痛感したものです。


sponsored link

関連記事

no image

泡盛について(3)

泡盛の最大の特徴は、黒麹菌の発酵によって作られていると言うことです。黒麹菌はクエン酸を作り出す菌であ

記事を読む

no image

フランスのお酒はフレンチとともに

フランスのお酒と言えば、ワインです。フランス人にとってはワインは非常に身近な存在であり、フランス人は

記事を読む

youmart_4904230028406

焼酎の甲類と乙類の違い(1)

焼酎には甲類と乙類というふうに分類されていることは知っているでしょうか。また、知っている人はどのよう

記事を読む

no image

お酒を健康に役立てる(3)薬酒の歴史

薬酒は世界中に様々なものがありますが、中でも有名なのは生薬・漢方の本場である中国のものでしょう。中国

記事を読む

no image

日本人と酒 14

古代の酒盛りは神聖なものでしたが、それは時代とともに変わってきました。それは酒の醸造技術が進歩し、そ

記事を読む

no image

世界の強いお酒(1)強いお酒の味わい

お酒を飲める人ならば、誰もが一度は強いお酒に挑戦してみるものです。何が強いのだろうかと考えてみると、

記事を読む

no image

梅酒を使ったカクテル(3)

・いちご梅酒 イチゴ、梅酒、氷を等量ずつ入れてミキサーにかければ出来上がりです。イチゴ果汁たっ

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(3)

女は、酒吞童子の恐ろしさをかたりました。酒吞童子は女をさらうと斬り裂き、生き血を飲んだり、食べたりし

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(1)

以前、日本人とお酒の話を連載した際に、日本の神道ではお酒が好ましいものとされていると話しました、では

記事を読む

no image

焼酎の甲類と乙類の違い(3)

では、甲類焼酎と乙類焼酎はどのような違いによって香りや味の差が生まれているのでしょうか。それはひとえ

記事を読む

  • 2020年7月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑