*

日本人と酒 11

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

現代に伝わる古代の酒盛りを見ると、神社の後の直会や田舎の風習に残っています。神社では大きなお祭りが終わると、参列した人々とともに食事をとるという風習を未だに保っている神社があります。この時には神にささげたお酒を皆で飲んで歓談すると言うものであり、非常に楽しいものです。

筆者も直会から非常に大きな恵みを受けた一人です。筆者がまだ学生だった頃、神社と縁を持ち、お祭りに参列し、直会の席に参加をして食事をいただくということをよくやっていました。学生ということで神主のみなさんは非常によくして下さったし、貧乏学生の私にはごちそうが食べられる楽しみな行事でもありました。

しかしそれ以上に、直会には地方の名士をはじめ色々な人が参加されています。平均年齢を見ると50は下らないでしょう。そのような中で学生がひとりぽつんと参加しているものですから、皆興味をもってくれます。こうして若くして地方の名士とも、酒の霊力で結びつくことができたのです。

就職氷河期と言われる時代に、ウチにこい、面倒を見てやるなどと言って下さった社長がたくさんおりました。結局そんな中でだれか一人の社長さんを頼ると仁義が立たなくなると思ってすべてお断りしましたが、酒の霊力を痛感したものです。


sponsored link

関連記事

no image

冬に飲みたいお酒(2)

・ホットイタリアン これはリキュールベースのカクテルです。簡単に言うとスクリュードライバーを温

記事を読む

no image

甘酒はなぜ甘いか

甘酒はとても甘いお酒です。最近の甘酒にはアルコールがなく砂糖を加えて作っているものもありますが、本来

記事を読む

no image

日本人と酒 18

ここまで述べてきたとおり、日本人と酒というものは太古の昔から密接な関係があります。スサノオノミコトの

記事を読む

no image

古くなったビールを活用する

ビールは保存条件によって賞味期限が大幅に変動するため、賞味期限が明記されていません。しかし、国内のメ

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(1)

スパークリング日本酒とは発泡性の日本酒であり、日本酒が苦手な人でも飲みやすく、また一般的な日本酒に慣

記事を読む

no image

適度なお酒で健康増進(1)

「お酒は適度に飲めばとても体にいいものだ」 こんなことをよく言いますが、では適度とはどれくらい

記事を読む

no image

ビールを飲むと痛風になる?1

夏真っ盛りになりましたね。夏と言えば色々なイベントが盛りだくさんですが、それらのイベントによってお酒

記事を読む

no image

お祝いの席でシャンパンを飲む理由

結婚披露宴や祝賀パーティをはじめ、めでたい席で乾杯をする際にはシャンパンがよく用いられます。これはな

記事を読む

ビール

古代からのビールの歩み

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどう

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(9)

ちなみに、酒で動きを封じられ、騙し打ちをされた酒吞童子は、死に際に頼光たちに対して 「鬼に横道

記事を読む

  • 2019年7月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑