*

日本人と酒 10

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

当時はこのように非常に貴重なものでした。醸造が困難なものであったのです。「さけ」という名称も酒の持つ霊力を大いにたたえたものです。「さけ」という言葉は「咲く」や「桜」に通じ、明るく開ける意味のめでたい言葉であり、「生命の花を咲かせ、開かせる霊妙不可思議な霊力を持つ神の薬」という意味がありました。日本古来の神道思想では「言霊」を重んじるため、「さけ」「咲く」「桜」などの音に通じるものを大変大切にするのです。

次第に技術が発達してから醸造が楽になって来ると、酒盛りのなかに遊びの要素が入ってきて神祭りと酒の関係は希薄になり、娯楽的な要素が強くなりました。ただし、1月1日、3月3日、5月5日、9月9日などの節日に宮中で行われる儀式の酒宴が行われますが、このことを「淵酔」または「沈酔」と呼ぶのは古代の名残でしょう。これらの儀式は酔っぱらうまで酒を飲む儀式のことであり、古代の酒盛りの名残と言われています。先述の通り神と一体となり人と一体となるために酒は飲まれていたのですが、そのためには我を忘れ我をなくするまで酔っぱらうのが適切であるとされていたのでした。

これらの儀式としての酒盛りは、今日でも一部の田舎や民間の神祭り、神社のあとの直会(なおらい)という形で生き残っています。


sponsored link

関連記事

fantasutic

日本酒のカクテル(2)

○撫子 日本酒を甘酸っぱく味付けしたカクテルです。日本酒が苦手な人や女性でも飲みやすいカクテル

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(7)

酒吞童子が奥に引っ込み、座には鬼たちと頼光一行が残ることになりました。頼光たちは神便鬼酒を周囲の鬼た

記事を読む

no image

梅酒の知られざる効果

梅雨も明けて、夏本番となりました。この時期に嫌なのが夏バテです。夏バテに効果があると知られている食べ

記事を読む

no image

日本人と酒 17

筆者が神社の直会に参加すると、今も昵懇にしているある人から盛んに「献酬」が行われました。今でこそ献酬

記事を読む

images-3

そもそもビールとは何か

ビールってなんだろう、と深く考える機会はおそらくあまりないと思います。麦酒と書く通りに麦を使ったお酒

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(6)

酒吞童子は頼光たちが吃驚していることも知らずに話を続けます。 「わしも本当は都に住みたいと思っ

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(3)

4、酵母 続いては酵母について書いている個所を見てみましょう。ここには仕込につかわれた酵母の種

記事を読む

no image

発酵って何?(1)

お酒に関する話題を扱うときには、よく「発酵」という言葉を使いますが、これはじつはどういう意味なのか、

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(5)

頼光の豪快な飲みっぷりと食いっぷりに感心した酒吞童子は 「どうだ、おいしいだろう」 と言

記事を読む

no image

日本人と酒 13

また、大杯で飲みまわすのではなく、大・中・小の3つの杯を3回ずつ飲みまわすところもあります。つまり1

記事を読む

  • 2019年3月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑