*

日本人と酒 10

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

当時はこのように非常に貴重なものでした。醸造が困難なものであったのです。「さけ」という名称も酒の持つ霊力を大いにたたえたものです。「さけ」という言葉は「咲く」や「桜」に通じ、明るく開ける意味のめでたい言葉であり、「生命の花を咲かせ、開かせる霊妙不可思議な霊力を持つ神の薬」という意味がありました。日本古来の神道思想では「言霊」を重んじるため、「さけ」「咲く」「桜」などの音に通じるものを大変大切にするのです。

次第に技術が発達してから醸造が楽になって来ると、酒盛りのなかに遊びの要素が入ってきて神祭りと酒の関係は希薄になり、娯楽的な要素が強くなりました。ただし、1月1日、3月3日、5月5日、9月9日などの節日に宮中で行われる儀式の酒宴が行われますが、このことを「淵酔」または「沈酔」と呼ぶのは古代の名残でしょう。これらの儀式は酔っぱらうまで酒を飲む儀式のことであり、古代の酒盛りの名残と言われています。先述の通り神と一体となり人と一体となるために酒は飲まれていたのですが、そのためには我を忘れ我をなくするまで酔っぱらうのが適切であるとされていたのでした。

これらの儀式としての酒盛りは、今日でも一部の田舎や民間の神祭り、神社のあとの直会(なおらい)という形で生き残っています。


sponsored link

関連記事

no image

ビアカクテル(2)

・シャンディガフ 筆者が一番好きなビアカクテルはシャンディガフです。ビールが苦手な人にも飲みや

記事を読む

no image

白ワインの効用

  白ワインは赤ワインとは違う意味において色々な健康効果を持っています。 &n

記事を読む

no image

夏に飲みたい日本酒(1)

梅雨が明ければ夏本番です。夏と言えば冷えたビールを渇いたのどに流し込むというイメージが強いでしょうが

記事を読む

no image

梅酒を使ったカクテル(3)

・いちご梅酒 イチゴ、梅酒、氷を等量ずつ入れてミキサーにかければ出来上がりです。イチゴ果汁たっ

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(3)

○ロングアイランド・アイスティー アメリカニューヨーク、ロングアイランドで作られたカクテルです

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(2)

幕藩体制の際には、夏場は耕作をして冬は休耕となるため何らかの内職を行って生活していましたが、その貧し

記事を読む

no image

適度なお酒で健康増進(1)

「お酒は適度に飲めばとても体にいいものだ」 こんなことをよく言いますが、では適度とはどれくらい

記事を読む

bar_in_dt

バーで飲むこと~初心者編~

いつもお酒を飲むなら自宅か居酒屋という人が多いと思いますが、バーで飲むのもいいものです。行きつけのバ

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(2)

  ウォッカは無色透明で無臭のものがスタンダードですが、それだけではなく、様々なウォ

記事を読む

no image

缶ビールのおいしい飲み方(2)

次に冷やし方です。おいしく飲むためにやっているはずの冷やし方が実は間違っていて、味を損なっているかも

記事を読む

  • 2021年4月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑