*

日本人と酒 10

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

当時はこのように非常に貴重なものでした。醸造が困難なものであったのです。「さけ」という名称も酒の持つ霊力を大いにたたえたものです。「さけ」という言葉は「咲く」や「桜」に通じ、明るく開ける意味のめでたい言葉であり、「生命の花を咲かせ、開かせる霊妙不可思議な霊力を持つ神の薬」という意味がありました。日本古来の神道思想では「言霊」を重んじるため、「さけ」「咲く」「桜」などの音に通じるものを大変大切にするのです。

次第に技術が発達してから醸造が楽になって来ると、酒盛りのなかに遊びの要素が入ってきて神祭りと酒の関係は希薄になり、娯楽的な要素が強くなりました。ただし、1月1日、3月3日、5月5日、9月9日などの節日に宮中で行われる儀式の酒宴が行われますが、このことを「淵酔」または「沈酔」と呼ぶのは古代の名残でしょう。これらの儀式は酔っぱらうまで酒を飲む儀式のことであり、古代の酒盛りの名残と言われています。先述の通り神と一体となり人と一体となるために酒は飲まれていたのですが、そのためには我を忘れ我をなくするまで酔っぱらうのが適切であるとされていたのでした。

これらの儀式としての酒盛りは、今日でも一部の田舎や民間の神祭り、神社のあとの直会(なおらい)という形で生き残っています。


sponsored link

関連記事

no image

ボリビアワインって知ってる?

南米ワインで定番のものは、アルゼンチンとチリで作られたものです。安価でおいしく、種類も豊富なワインで

記事を読む

no image

発酵って何?(2)

では酸素がある状態ではどうなるのでしょうか。酵母は、なにもわざわざ好き好んで無酸素状態でアルコール発

記事を読む

no image

お祝いの席でシャンパンを飲む理由

結婚披露宴や祝賀パーティをはじめ、めでたい席で乾杯をする際にはシャンパンがよく用いられます。これはな

記事を読む

no image

水割り好きな日本人

ウイスキーは洋酒の中でも日本人にとってなじみ深いお酒の一つでしょう。しかし、外人の飲み方と日本人の飲

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(1)

酒の主成分はエタノールであり、日常生活でアルコールというときにはエタノールのことを指しています。エタ

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(1)

以前、日本人とお酒の話を連載した際に、日本の神道ではお酒が好ましいものとされていると話しました、では

記事を読む

no image

梅酒の保存について

梅酒をおいしく保存するためにはいくつかのポイントがあります。   まず重要なの

記事を読む

no image

夏に飲みたい日本酒(1)

梅雨が明ければ夏本番です。夏と言えば冷えたビールを渇いたのどに流し込むというイメージが強いでしょうが

記事を読む

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

梅酒ゼリー

梅酒ゼリーを作ってみよう

梅酒は甘く爽やかな味わいを持っており、女性からも大人気のお酒です。梅酒を使ってゼリーを作ることもでき

記事を読む

  • 2020年6月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑