*

日本人と酒 9

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

食糧事情が現代ほど豊かでない古代においては、米を使って作る酒は貴重なものでした。そのため、普段から飲まれることはなく、神を祭るときだけ酒が作られ、ささげられ、祭りが終わると神の前で神と共に、人々とともに酒を飲むと言うものでした。特別な日に飲むのですから、たいていは夜を徹して、それこそ“お祭り騒ぎ”の酒盛りをしました。「お日待」といって、朝の日の出を拝むまで飲んだのです。一人で独酌すると言うようなことはまずありませんでした。

原料となる米にも、古来不思議な霊力があるとされていました。米の持つ霊力は「人と人を結びつける」力であるとされます。それは、米を固めたものの名前が「おむすび」であることにも表れています。その霊力を以て作られた酒にも当然人を結びつける力があります。これまでどこかよそよそしかった者同士が肩を組んで歌を歌う、いがみ合っていた者同士が一緒に笑う、酒にはそのような決して結びつかないもの同士を結び付ける霊力があるのです。

神にささげると言うことは神に飲んでもらうと言うことです。そしてそのお下がりを飲むと言うことは、神が飲んだ酒を自分たちも飲むと言うことです。こうして神と人間が一体になることができるのであり、酒にはそのような力がある飲み物として神聖視されていたのです。


sponsored link

関連記事

no image

ビールを飲むと痛風になる?1

夏真っ盛りになりましたね。夏と言えば色々なイベントが盛りだくさんですが、それらのイベントによってお酒

記事を読む

no image

日本人と酒 6

これによって、ヤマタノオロチはすっかり酔い潰れ、前後不覚にねむりこんでしまいました。こうして一切の戦

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られている(2)蜂蜜酒

この他、はちみつが減量となっている蜂蜜酒と言うものもあります。これは非常に歴史の古いお酒で、神話に登

記事を読む

no image

泡盛について(3)

泡盛の最大の特徴は、黒麹菌の発酵によって作られていると言うことです。黒麹菌はクエン酸を作り出す菌であ

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(8)

酒吞童子は身動きは取れないものの意識はあり、 「良くも騙したな、貴様ら」 と恨めしそうに

記事を読む

no image

血糖値が高いとビールはNG?

ビールは本来健康によい効果をもたらすものですが、血糖値が高い人にとってはNGです。なぜならば、ビール

記事を読む

img_1569997_39946597_3

高アルコールビールって知ってる?(2)

・ドゥ・ストライセ・ブラック・アルバート:13.0% これはベルギーのスタウトです。ベルギー王

記事を読む

rento011

黒糖焼酎「れんと」

黒糖焼酎は奄美大島でしか作られませんが、なかでも有名なのは「れんと」ではないでしょうか。開運酒造とい

記事を読む

no image

ワインの醸造法

ワインの醸造法は非常に単純です。原理としてはブドウをつぶして果汁を発酵させると言うだけです。ブドウは

記事を読む

no image

白ワインの効用

  白ワインは赤ワインとは違う意味において色々な健康効果を持っています。 &n

記事を読む

  • 2020年6月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑