*

日本人と酒 9

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

食糧事情が現代ほど豊かでない古代においては、米を使って作る酒は貴重なものでした。そのため、普段から飲まれることはなく、神を祭るときだけ酒が作られ、ささげられ、祭りが終わると神の前で神と共に、人々とともに酒を飲むと言うものでした。特別な日に飲むのですから、たいていは夜を徹して、それこそ“お祭り騒ぎ”の酒盛りをしました。「お日待」といって、朝の日の出を拝むまで飲んだのです。一人で独酌すると言うようなことはまずありませんでした。

原料となる米にも、古来不思議な霊力があるとされていました。米の持つ霊力は「人と人を結びつける」力であるとされます。それは、米を固めたものの名前が「おむすび」であることにも表れています。その霊力を以て作られた酒にも当然人を結びつける力があります。これまでどこかよそよそしかった者同士が肩を組んで歌を歌う、いがみ合っていた者同士が一緒に笑う、酒にはそのような決して結びつかないもの同士を結び付ける霊力があるのです。

神にささげると言うことは神に飲んでもらうと言うことです。そしてそのお下がりを飲むと言うことは、神が飲んだ酒を自分たちも飲むと言うことです。こうして神と人間が一体になることができるのであり、酒にはそのような力がある飲み物として神聖視されていたのです。


sponsored link

関連記事

no image

芋焼酎のおいしい飲み方

芋焼酎をおいしく飲むためには、そのための方法があります。ここではおいしく飲むための方法を学んで、芋焼

記事を読む

no image

北海道の日本酒(1)

日本酒と言えば新潟を筆頭に東北が有名です。北海道の日本酒はほとんど知られていませんが、北海道もおいし

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(1)

その昔、酒吞童子という妖怪がいました。鬼の統領であることから、妖怪といってもかなり凶悪な部類の奴で、

記事を読む

no image

日本人と酒 4

さて、ヤマタノオロチについてはいくつかの説があります。 最も有名な解釈は怪物説であり、スサノオ

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(2)

・汗をかこう 汗をかくと言う方法は有効な方法です。汗をかくと体の代謝が高まるため、二日酔いの原

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(4)

・ちょびっと乾杯シリーズ   ちょびっと、というネーミングが非常にかわいらしい

記事を読む

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

no image

適度なお酒で健康増進(1)

「お酒は適度に飲めばとても体にいいものだ」 こんなことをよく言いますが、では適度とはどれくらい

記事を読む

ビール

古代からのビールの歩み

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどう

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(1)

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組

記事を読む

  • 2021年1月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑