*

日本人と酒 9

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

食糧事情が現代ほど豊かでない古代においては、米を使って作る酒は貴重なものでした。そのため、普段から飲まれることはなく、神を祭るときだけ酒が作られ、ささげられ、祭りが終わると神の前で神と共に、人々とともに酒を飲むと言うものでした。特別な日に飲むのですから、たいていは夜を徹して、それこそ“お祭り騒ぎ”の酒盛りをしました。「お日待」といって、朝の日の出を拝むまで飲んだのです。一人で独酌すると言うようなことはまずありませんでした。

原料となる米にも、古来不思議な霊力があるとされていました。米の持つ霊力は「人と人を結びつける」力であるとされます。それは、米を固めたものの名前が「おむすび」であることにも表れています。その霊力を以て作られた酒にも当然人を結びつける力があります。これまでどこかよそよそしかった者同士が肩を組んで歌を歌う、いがみ合っていた者同士が一緒に笑う、酒にはそのような決して結びつかないもの同士を結び付ける霊力があるのです。

神にささげると言うことは神に飲んでもらうと言うことです。そしてそのお下がりを飲むと言うことは、神が飲んだ酒を自分たちも飲むと言うことです。こうして神と人間が一体になることができるのであり、酒にはそのような力がある飲み物として神聖視されていたのです。


sponsored link

関連記事

no image

北海道の日本酒(2)

・国士無双 高砂酒造の代表銘柄です。中国の古典である史記から名づけられており、名前から受けるイ

記事を読む

no image

梅酒の知られざる効果

梅雨も明けて、夏本番となりました。この時期に嫌なのが夏バテです。夏バテに効果があると知られている食べ

記事を読む

no image

冬に飲みたいお酒(1)

夏に飲みたいお酒といえば何といってもビールであり、モヒートなども最近では人気です。では、冬はどのよう

記事を読む

no image

お酒と微生物(1)

皆さんは「微生物」にどのようなイメージを持っているでしょうか。風邪や病気がうつる「感染」を思い浮かべ

記事を読む

kasisu

女性に人気のフルールビール(2)

○ブーン・クリーク これはサクランボを漬け込んで作られたフルーツビールです。さわやかな酸味と上

記事を読む

no image

日本酒カクテル(4)

○カシス娘 甘く仕上げた日本酒カクテルで、女性向けの味付けになっています。甘くて飲みやすいです

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(3)

二日酔いを解消する方法3   ・ツボをマッサージする 二日酔いを解消する

記事を読む

no image

ビール腹の真実(1)

さて、ビールがおいしい時期になってきましたね。喉の渇きを我慢して我慢して、家に帰って冷蔵庫に欠けより

記事を読む

no image

日本人と酒 12

田舎に残っている風習を見ても、古代の酒盛りが残っています。たとえば結婚式の席などで、酒が1升も2升も

記事を読む

no image

缶ビールのおいしい飲み方(2)

次に冷やし方です。おいしく飲むためにやっているはずの冷やし方が実は間違っていて、味を損なっているかも

記事を読む

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑