*

日本人と酒 8

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

もうひとつの例がヤマトタケルノミコトがクマソタケルを討伐した際のことです。

ヤマトタケルノミコトが眉目秀麗であり、髪を解けばすっかり少女の姿になることができたと言います。そこで叔母に当たるヤマトヒメノミコトから賜った女装を身につけ、懐には短剣を忍ばせ、美女たちの中に混じってクマソタケル兄弟に酒を勧めました。実に盛大な酒盛りであり、夜もすっかり更けたころになると兄弟はすっかり酔っぱらっていました。

そこに近づいたヤマトタケルノミコトは、懐から短剣を取り出して兄の方の胸を刺しました。弟の方は驚いて逃げ出したのですが、酔って逃げるのですぐにヤマトタケルノミコトに追いつかれ、尻から刀を刺されました。こうして難なく反乱軍の首領を打ち取ったのです。

日本神話は、酒は非常によいもので、時に生命を生み、育て、豊かにし、盛んにするものなのですが、下手に扱うと酒に呑まれて命取りとなってしまうことが語られているのです。

ちなみに、スサノオノミコトは様々な神としての顔を持っていますが、ヤマタノオロチ退治の逸話から酒の神としての一面も持っています。地方風俗として、出雲地方の荒神祭りをはじめとして、正月には非常に大きなヘビの形を藁で作り、これにお供え物をささげて神木に巻きつけたりする行事がありますが、これはすべてスサノオノミコトのヤマタノオロチ退治を模したものです。


sponsored link

関連記事

no image

お酒に強い人と弱い人(1)

世界の人種を大別すると、モンゴロイド、ネグロイド、コーカソイドに別れ、日本人はモンゴロイドに含まれま

記事を読む

no image

芋焼酎はお湯割りで

芋焼酎といえば、他の焼酎に比べて香りが豊かなことが特徴です。鹿児島人からするとほとんどなじみのない飲

記事を読む

img_1569997_39946597_3

高アルコールビールって知ってる?(2)

・ドゥ・ストライセ・ブラック・アルバート:13.0% これはベルギーのスタウトです。ベルギー王

記事を読む

no image

ビールができるまで(3)

ここから、いよいよアルコールを造る作業に入ります。まずは1次発酵であり、これに1週間を要します。麦汁

記事を読む

1990724

ワインとグラス(2)

・まろやかで甘い白ワイン 次に白ワインですが、まろやかで甘味があり、フルーティな香りを持ってい

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(1)

その昔、酒吞童子という妖怪がいました。鬼の統領であることから、妖怪といってもかなり凶悪な部類の奴で、

記事を読む

no image

お酒と微生物(2)

昔のお酒は非常に原始的な方法で発酵させていました。 そもそもお酒の発見は、熟しきった果実が地面

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(1)

ワインの好みは人によって大きく異なることもあるため、なんとなく買ってみた銘柄が自分の口に合わなかった

記事を読む

no image

お酒が何リットルも飲めるわけ

お酒は何リットルも飲めるものです。たとえばビールの500ml入りのものを6本飲めば3リットルですが、

記事を読む

no image

日本酒のカクテル(1)

前回に引き続き、今回は日本酒を使ったカクテルに焦点をあててみていくようにします。レシピも書いていきま

記事を読む

  • 2021年4月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑