*

日本人と酒 8

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

もうひとつの例がヤマトタケルノミコトがクマソタケルを討伐した際のことです。

ヤマトタケルノミコトが眉目秀麗であり、髪を解けばすっかり少女の姿になることができたと言います。そこで叔母に当たるヤマトヒメノミコトから賜った女装を身につけ、懐には短剣を忍ばせ、美女たちの中に混じってクマソタケル兄弟に酒を勧めました。実に盛大な酒盛りであり、夜もすっかり更けたころになると兄弟はすっかり酔っぱらっていました。

そこに近づいたヤマトタケルノミコトは、懐から短剣を取り出して兄の方の胸を刺しました。弟の方は驚いて逃げ出したのですが、酔って逃げるのですぐにヤマトタケルノミコトに追いつかれ、尻から刀を刺されました。こうして難なく反乱軍の首領を打ち取ったのです。

日本神話は、酒は非常によいもので、時に生命を生み、育て、豊かにし、盛んにするものなのですが、下手に扱うと酒に呑まれて命取りとなってしまうことが語られているのです。

ちなみに、スサノオノミコトは様々な神としての顔を持っていますが、ヤマタノオロチ退治の逸話から酒の神としての一面も持っています。地方風俗として、出雲地方の荒神祭りをはじめとして、正月には非常に大きなヘビの形を藁で作り、これにお供え物をささげて神木に巻きつけたりする行事がありますが、これはすべてスサノオノミコトのヤマタノオロチ退治を模したものです。


sponsored link

関連記事

no image

スパークリングワインの醸造法

ワインの一種に炭酸入りのワイン、すなわちスパークリングワインがあります。これを作るためには、製造され

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られる(3)馬乳酒

次に紹介するのは馬乳酒です。これは若い人でも比較的知っている人が多いのではないでしょうか。なぜならば

記事を読む

no image

キューバリブレの話(2)

キューバリブレはラム酒とコーラを混ぜたものですが、この他にもモヒートやダイキリなどのように、キューバ

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(3)

二日酔いを解消する方法3   ・ツボをマッサージする 二日酔いを解消する

記事を読む

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

rento011

黒糖焼酎「れんと」

黒糖焼酎は奄美大島でしか作られませんが、なかでも有名なのは「れんと」ではないでしょうか。開運酒造とい

記事を読む

no image

ギネスビールの魅力

厳しい暑さが続く今日この頃、ビールがおいしい季節となりました。ビールといえば国内産のビールを飲むと言

記事を読む

20101002160919

ワインとグラス

ワイングラスには非常に様々な形があることは皆さんすでにご存じでしょう。では、なぜあれほど様々な形があ

記事を読む

no image

冬に飲みたいお酒(1)

夏に飲みたいお酒といえば何といってもビールであり、モヒートなども最近では人気です。では、冬はどのよう

記事を読む

no image

朝酒はなぜ効くのか

朝からお酒を飲むと、夜ならばなんともない量であっても、結構酔いが回ってしまうというのは、朝酒をやった

記事を読む

  • 2018年12月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑