*

日本人と酒 6

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

これによって、ヤマタノオロチはすっかり酔い潰れ、前後不覚にねむりこんでしまいました。こうして一切の戦意を喪失して眠っているのですから、どれほど巨大な体のヤマタノオロチといえども、もはや大根を切り刻むように退治してしまうことができます。

スサノオノミコトは十拳剣という剣でもってヤマタノオロチの頭を斬り、腹を斬り、尻尾を斬ります。自由自在にずたずたに切り刻んで勝利を得たのです。そして、尻尾を斬った時に、前にも述べたとおり草薙の剣を手に入れます。

この他にも神話や古代史の中にはお酒を用いて勝利を収めている話があります。一つ目はスサノオノミコトのヤマタノオロチ退治、二つ目は神武天皇の御東征、三つ目はヤマトタケルノミコトのクマソタケル征伐です。

このことからもわかるように、お酒というのは日本人にとって一切の邪悪を討滅してくれる神聖なものと扱われていたのです。たしかにこれまで険悪であったもの同士が酒を飲んでうちとけるというのはよくあることですし、簡単に解するならば「よくないことがよくなる」ということにおいて酒は力を持ったものとされていたのだと思います。

神代の昔から、日本人にとって酒は欠かせないものであり、古今東西の宗教や歴史を見ても、酒をそのような領域にまで高めた思想は日本以外には存在しないでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

ロゼ・ワインの醸造法

ロゼ・ワインは白ワインと赤ワインの中間的なワインであり、色は“ロゼ”の名の通りバラのようなピンク色を

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(7)

酒吞童子が奥に引っ込み、座には鬼たちと頼光一行が残ることになりました。頼光たちは神便鬼酒を周囲の鬼た

記事を読む

img_1569997_39946597_3

高アルコールビールって知ってる?(2)

・ドゥ・ストライセ・ブラック・アルバート:13.0% これはベルギーのスタウトです。ベルギー王

記事を読む

3643-03

世界の強いお酒(6)エバークリア

世界で一番強いお酒はスピリタスです。アルコール度数は96%にもなるのですから、ぶっちぎりのナンバーワ

記事を読む

no image

芋焼酎のおいしい飲み方

芋焼酎をおいしく飲むためには、そのための方法があります。ここではおいしく飲むための方法を学んで、芋焼

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(1)

夏といえばビールと思っている人も多いでしょう。確かにそれも間違いではありませんが、なるに飲むのはカク

記事を読む

no image

日本人と酒 15

このように、日本では独酌というものが行われるようになったのはごく最近のことなのです。もっとも、大きな

記事を読む

no image

日本酒カクテル(4)

○カシス娘 甘く仕上げた日本酒カクテルで、女性向けの味付けになっています。甘くて飲みやすいです

記事を読む

images-3

そもそもビールとは何か

ビールってなんだろう、と深く考える機会はおそらくあまりないと思います。麦酒と書く通りに麦を使ったお酒

記事を読む

no image

日本酒のつくり方(2)

精米後の米は水で洗い、蒸し、これに麹をふりかけて麹菌を増やします。この工程を製麹といいます。このあと

記事を読む

  • 2018年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑