*

日本人と酒 6

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

これによって、ヤマタノオロチはすっかり酔い潰れ、前後不覚にねむりこんでしまいました。こうして一切の戦意を喪失して眠っているのですから、どれほど巨大な体のヤマタノオロチといえども、もはや大根を切り刻むように退治してしまうことができます。

スサノオノミコトは十拳剣という剣でもってヤマタノオロチの頭を斬り、腹を斬り、尻尾を斬ります。自由自在にずたずたに切り刻んで勝利を得たのです。そして、尻尾を斬った時に、前にも述べたとおり草薙の剣を手に入れます。

この他にも神話や古代史の中にはお酒を用いて勝利を収めている話があります。一つ目はスサノオノミコトのヤマタノオロチ退治、二つ目は神武天皇の御東征、三つ目はヤマトタケルノミコトのクマソタケル征伐です。

このことからもわかるように、お酒というのは日本人にとって一切の邪悪を討滅してくれる神聖なものと扱われていたのです。たしかにこれまで険悪であったもの同士が酒を飲んでうちとけるというのはよくあることですし、簡単に解するならば「よくないことがよくなる」ということにおいて酒は力を持ったものとされていたのだと思います。

神代の昔から、日本人にとって酒は欠かせないものであり、古今東西の宗教や歴史を見ても、酒をそのような領域にまで高めた思想は日本以外には存在しないでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

日本酒の管理・保存(4)

日本酒に限った事ではありませんが、やはり開封後は低温で保存し、早めに飲みきることが大切です。栓を開け

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(4)

○とろろ酒 これもしょうが酒やにんにく酒に通じるものです。山芋をすりおろしておわんに入れ、だし

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(4)

○ソル・クバーノ グレープフルーツを加えることでフルーティな味わいになります。カクテルの名前は

記事を読む

no image

ブランデーの効用

ブランデーはフランスでは「命の水」と呼ばれています。なぜならば、ブランデーはポリフェノールが豊富であ

記事を読む

no image

黒ビールってなんだろう?(2)

○シュヴァルツ シュヴァルツはドイツ語で黒を意味しますが、これはドイツにおける黒ビールの代表格

記事を読む

c4e9fe02

実はコルクは凄かった(1)

自分の飲んだワインの記念にコルクを収集する人もいますが、実はこのコルクは非常に時間をかけて作られてい

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(1)

みなさんも杜氏(とうじ)という言葉を聞いたことがあると思います。日本手の作り手のことを杜氏と言います

記事を読む

no image

黒ビールってなんだろう?(1)

黒ビールとは日本人にとってはそれほど馴染みが深くないお酒で、黒ビールを好んで飲むという人はそう多くは

記事を読む

no image

ロゼ・ワインの醸造法

ロゼ・ワインは白ワインと赤ワインの中間的なワインであり、色は“ロゼ”の名の通りバラのようなピンク色を

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られている(1)ヤシ酒

お酒の原料と言えば果物か穀物だけだと思っていませんか?確かになじみ深いビール、焼酎、日本酒、ウイスキ

記事を読む

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑