*

日本人と酒 5

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

あまり神道的解釈を深くし過ぎてもお酒の話から逸脱してしまいます。ヤマタノオロチ退治の話に戻しましょう。

さて、スサノオノミコトはヤマタノオロチを退治するときに酒を用いました。これが決定的なポイントです。しかも、その酒は普通の酒ではなく、特別に入念に作ったもので、味も、香りも、色も、口当たりも最高のお酒であり、アルコール純度も高い超特級酒でした。この酒のことを「八鹽折之酒(やしほをりのさけ)」と古事記では呼んでおり、これは何度も繰り返して醸した酒という意味です。より広義に解するならば、とにかく丁寧に慎重に作ったお酒ということです。

原料となる米と水には最良のものを用い、雑菌のはいらないように容器の清潔を徹底し、醸造技術にすぐれたものに従事させ、入念に、丁寧に最高の酒を作ったのです。

さらに、この酒を用いて酔いつぶすためには、徹底して飲ませなければなりません。このためにスサノオノミコトは、

「八甕の酒を以て、口毎に沃入れたまふ」

つまり、大きな大きな甕を八つ用意して八鹽折之酒をなみなみと注いで待ち受けたのです。するとヤマタノオロチは豊潤な香りに誘われて八つの甕のそれぞれに頭を突っ込んでグビグビと飲みほしました。


sponsored link

関連記事

no image

泡盛について(2)

次に、泡盛の歴史を見ていきましょう。泡盛の歴史は波乱に満ちています。 例えば、泡盛の歴史を語る

記事を読む

Unknown-1

二日酔いの予防1

二日酔いの予防と聞くと、今日のお酒の量を少なくしたり、 本当は焼酎ロックでいきたいところを、焼酎水

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(1)

酒の主成分はエタノールであり、日常生活でアルコールというときにはエタノールのことを指しています。エタ

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(6)

ワインはぶどうの品種、作られる土壌、栽培方法、気候,収穫時期,製造法,貯蔵法などによって様々な味わい

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(1)

みなさんも杜氏(とうじ)という言葉を聞いたことがあると思います。日本手の作り手のことを杜氏と言います

記事を読む

no image

ビールの効用(1)

酒は百薬の長と言われますが、ビールも例外ではありません。適度に飲むビールは様々な効果をもたらしてくれ

記事を読む

no image

ワインの保存は難しい?1

ワインは醸造酒の中でも劣化が早いもので、開栓後は早めに飲みきらなければならないものです。しかし、ワイ

記事を読む

no image

焼酎の効用

焼酎は日本人には馴染みが深いお酒です。筆者は特に九州の産なので、特に馴染みが深いですね。 しか

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(2)香り

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(2)

最近の若者はお酒をあまり飲まなくなってしまったというイメージがあります。仕事の後に飲み会に誘っても「

記事を読む

  • 2020年9月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑