*

日本人と酒 5

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

あまり神道的解釈を深くし過ぎてもお酒の話から逸脱してしまいます。ヤマタノオロチ退治の話に戻しましょう。

さて、スサノオノミコトはヤマタノオロチを退治するときに酒を用いました。これが決定的なポイントです。しかも、その酒は普通の酒ではなく、特別に入念に作ったもので、味も、香りも、色も、口当たりも最高のお酒であり、アルコール純度も高い超特級酒でした。この酒のことを「八鹽折之酒(やしほをりのさけ)」と古事記では呼んでおり、これは何度も繰り返して醸した酒という意味です。より広義に解するならば、とにかく丁寧に慎重に作ったお酒ということです。

原料となる米と水には最良のものを用い、雑菌のはいらないように容器の清潔を徹底し、醸造技術にすぐれたものに従事させ、入念に、丁寧に最高の酒を作ったのです。

さらに、この酒を用いて酔いつぶすためには、徹底して飲ませなければなりません。このためにスサノオノミコトは、

「八甕の酒を以て、口毎に沃入れたまふ」

つまり、大きな大きな甕を八つ用意して八鹽折之酒をなみなみと注いで待ち受けたのです。するとヤマタノオロチは豊潤な香りに誘われて八つの甕のそれぞれに頭を突っ込んでグビグビと飲みほしました。


sponsored link

関連記事

2024556b2f

生き物を漬け込んだお酒(1)

お酒の中には生き物を漬け込んだお酒があるのを知っていますか?筆者が飲んだことがあるのはマムシ酒、スズ

記事を読む

no image

泡盛について(4)

アメリカから泡盛をつくれといわれた酒造関係者たちは、廃棄処分した米、砂糖、チョコレートなどを原料とし

記事を読む

no image

ビールとワインが豊富なオーストラリア

オーストラリアで一番飲まれているお酒はビールです。種類が非常に多く、各州ごとに地ビールをもっており、

記事を読む

no image

いい焼酎の見極め方

日本人になじみの深い酒と言えば、日本酒と供に焼酎が挙げられます。焼酎と言えば麦、芋、米、黒糖、蕎麦な

記事を読む

no image

日本人と酒 12

田舎に残っている風習を見ても、古代の酒盛りが残っています。たとえば結婚式の席などで、酒が1升も2升も

記事を読む

no image

冬に飲みたいお酒(2)

・ホットイタリアン これはリキュールベースのカクテルです。簡単に言うとスクリュードライバーを温

記事を読む

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(3)

ワインは製法によって名前が変わります。スティルワイン(非発泡性ワイン)、スパークリングワイン(発泡性

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーでの飲み方~

バーで飲む時にはマナーがあります。それはバーの雰囲気に合わせるということでしょう。例えばワイワイ騒ぎ

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(2)

・ヒンドゥー教=好ましくない ヒンドゥー教は神道と似ており様々な神様が存在し、さらには教典もあ

記事を読む

  • 2020年6月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑