*

日本人と酒 1

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

日本人にとって酒がどのようなものであったかは、日本最古の書物である古事記を見るとよくわかります。古事記において酒が初めて登場するのは、スサノオノミコトという勇敢な神様が、ヤマタノオロチという怪物を倒すときに登場します。

スサノオノミコトについてあまりイメージができない人のためにいうと、日本における最高神であられる天照大御神の弟神です。また、荒神さまや須佐神社に祀られている神様というとイメージしやすいかもしれませんね。

スサノオノミコトというのは荒々しい性格の神様です。その神様が天照大御神がすむ高天原で悪さをしたというので、その罰として高天原から追放されます。そして地上に降りてこられた時、テナヅチ・アシナヅチという夫婦が泣いているのでどうしたのかと尋ねると、ヤマタノオロチに生贄として娘を捧げなければならないと言うことを聞きます。

そこでスサノオノミコトはヤマタノオロチを退治することを約束するわけですが、その時に用いたのが酒を使った戦法だったのです。

 

この日本神話に現れる酒の話をくわしく知ることによって、日本人にとって酒というものがどれだけ神聖視されていたのかということがよくわかると思います。酒を知るにはまずは神話から、と私は思っております。


sponsored link

関連記事

no image

世界の強いお酒(3)スピリタスってどんなもの?

さて、世界最強のお酒であるスピリタスはどのような味なのでしょうか。世界最強だし、ほぼ100度だし、さ

記事を読む

no image

泡盛について(4)

アメリカから泡盛をつくれといわれた酒造関係者たちは、廃棄処分した米、砂糖、チョコレートなどを原料とし

記事を読む

no image

寝酒でぐっすり寝られるか

不眠で悩んでいる人の中には、ぐっすりと眠るために、寝る前にお酒を飲んでから練ると言う人がいます。いわ

記事を読む

aeygt

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(3)

○第3のビール 第3のビールは、新ジャンルという呼び方でも呼ばれます。これは麦芽の使用率が25

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(1)

以前、日本人とお酒の話を連載した際に、日本の神道ではお酒が好ましいものとされていると話しました、では

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(4)

酒吞童子は見慣れない奴らが来たとばかりに、お前たちは誰だといぶかしがるので、頼光たちは、自分たちはた

記事を読む

no image

ワインのカクテル(2)

・カリモーチョ これは赤ワインとコーラで作るすっきりおいしいカクテルです。コカコーラで作るのも

記事を読む

no image

世界中のビールのおつまみ(2)

・メキシコ・・・ヒカマ ヒカマとは、マメ科の野菜で、クズイモとも言います。メキシコの人々は、こ

記事を読む

no image

秋田県を代表する日本酒(1)

東北に位置する秋田県は日本有数の米どころであり、日本酒造りも盛んな土地です。秋田の日本酒にはおいしい

記事を読む

no image

お酒を健康に役立てる(2)薬酒とは

健康に役立つものの一つとして近年注目されているのが薬酒です。これはアルコールに薬草や生薬を浸すことに

記事を読む

  • 2018年12月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑