*

日本人と酒 1

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 酒の歴史

日本人にとって酒がどのようなものであったかは、日本最古の書物である古事記を見るとよくわかります。古事記において酒が初めて登場するのは、スサノオノミコトという勇敢な神様が、ヤマタノオロチという怪物を倒すときに登場します。

スサノオノミコトについてあまりイメージができない人のためにいうと、日本における最高神であられる天照大御神の弟神です。また、荒神さまや須佐神社に祀られている神様というとイメージしやすいかもしれませんね。

スサノオノミコトというのは荒々しい性格の神様です。その神様が天照大御神がすむ高天原で悪さをしたというので、その罰として高天原から追放されます。そして地上に降りてこられた時、テナヅチ・アシナヅチという夫婦が泣いているのでどうしたのかと尋ねると、ヤマタノオロチに生贄として娘を捧げなければならないと言うことを聞きます。

そこでスサノオノミコトはヤマタノオロチを退治することを約束するわけですが、その時に用いたのが酒を使った戦法だったのです。

 

この日本神話に現れる酒の話をくわしく知ることによって、日本人にとって酒というものがどれだけ神聖視されていたのかということがよくわかると思います。酒を知るにはまずは神話から、と私は思っております。


sponsored link

関連記事

no image

お酒の妖怪・のた坊主(1)

日本人の思想の発露の一形態として、筆者は妖怪と言うものに大変な興味を抱いています。お酒のコラムを書く

記事を読む

nyu-tonn-

女性に人気のフルーツビール(1)

皆さんはフルーツビールと言うものをご存知でしょうか。最近、女性の間で人気が出ているビールの一種ですが

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(6)

ワインはぶどうの品種、作られる土壌、栽培方法、気候,収穫時期,製造法,貯蔵法などによって様々な味わい

記事を読む

no image

焼酎の甲類と乙類の違い(3)

では、甲類焼酎と乙類焼酎はどのような違いによって香りや味の差が生まれているのでしょうか。それはひとえ

記事を読む

no image

日本人と酒 14

古代の酒盛りは神聖なものでしたが、それは時代とともに変わってきました。それは酒の醸造技術が進歩し、そ

記事を読む

3643-03

世界の強いお酒(6)エバークリア

世界で一番強いお酒はスピリタスです。アルコール度数は96%にもなるのですから、ぶっちぎりのナンバーワ

記事を読む

no image

日本酒のつくり方(3)

なんだか醸造アルコールが混ぜられているとわかると、騙されているような気分になりますね。ではどれくらい

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(4)

6、酸度 これは、日本酒に含まれる酸の総量を示します。日本酒にはコハク酸、リンゴ酸、乳酸などの

記事を読む

images-7

ビールは古代から存在した

四月ももうすぐ終わりです。間もなく暑い夏がやってきます。暑い中で仕事をするのは大変なものですが、冷え

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(3)

・のの 鮮やかなピンク色をしたスパークリング日本酒です。本当に日本酒か疑いたくなるほどの色合い

記事を読む

  • 2021年1月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑