*

芋焼酎のおいしい飲み方

公開日: : 最終更新日:2014/05/15 お酒, 焼酎

芋焼酎をおいしく飲むためには、そのための方法があります。ここではおいしく飲むための方法を学んで、芋焼酎がよりおいしく飲めるようになりましょう。

 

・お湯割り

鹿児島ではお湯割りが一般的な飲み方です。お湯割りのポイントは出来上がりがひと肌より少し熱いくらいの温度にすることです。香りや甘みを楽しむためにお湯割りにしているので、これくらいの温度を目安にしましょう。水は軟水がお勧めですが、あえてコクを楽しみたいと言う場合には、硬水を使うのも悪くないでしょう。

作り方の手順は、60~70度くらいのお湯をコップに注ぎ、そこへ焼酎をゆっくりと注いでいくというものです。このとき、せっかくの芋焼酎がぬるくなりすぎないよう、コップは小さめのものがよく、熱伝導性が低いものならなお良いです。陶器の湯のみなどは最適でしょう。

 

もうひとつの飲み方は黒千代香(くろじょか)で飲むことです。これは酒瓶にあらかじめ焼酎と水を入れて一日置いておき、それをとろ火にかけてお猪口で飲むと言うものです。前日から焼酎と水を入れ置くことを前割りといいますが、こうしておくことで焼酎と水がじっくりとなじむため、まろやかな味わいを楽しむことができます。


sponsored link

関連記事

no image

ギネスビールを自宅でおいしく飲む方法

自宅でおいしくギネスビールを飲むためには、5つのステップがあります。   1、

記事を読む

2024556b2f

生き物を漬け込んだお酒(1)

お酒の中には生き物を漬け込んだお酒があるのを知っていますか?筆者が飲んだことがあるのはマムシ酒、スズ

記事を読む

no image

ワイン生産が盛んな国

ワインの生産のためにはブドウが必要であるため、世界の中でもワイン生産が盛んな国と言うのはブドウの生産

記事を読む

20070725115958_img1_29

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(1)

酒屋のビールコーナーに行くと、ビール・発泡酒・第3のビールがおいてあります。ビールはもちろんビールそ

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(4)

ワインが一躍脚光を浴びたのは、近年ポリフェノールの健康効果が注目されたことによります。赤ワインの原料

記事を読む

no image

ビールは世界中で愛されている

日本人もビールが大好きであり、居酒屋などに行けば「とりあえず生で」というのが合言葉のようになっている

記事を読む

no image

日本酒の種類について

今日は日本酒の種類について書いて行きたいと思います。 日本酒と一言で言っても、大吟醸や特別純米

記事を読む

no image

日本人と酒 17

筆者が神社の直会に参加すると、今も昵懇にしているある人から盛んに「献酬」が行われました。今でこそ献酬

記事を読む

no image

タスト・ド・パンとは

ソムリエの格好を見ると、首から灰皿のような容器をぶら下げているのを見たことがあるかと思います。この容

記事を読む

rento011

黒糖焼酎「れんと」

黒糖焼酎は奄美大島でしか作られませんが、なかでも有名なのは「れんと」ではないでしょうか。開運酒造とい

記事を読む

  • 2018年12月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑