*

鹿児島の食文化と芋焼酎

公開日: : 最終更新日:2014/05/15 お酒, 焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。

「味付けが甘い!」

そう、鹿児島はいろいろな味付けが甘いのです。醤油も甘く、例えるならば焼いたおもちにつける砂糖醤油のように甘い醤油が普通に使われています。とくに、刺身を食べるときにその醤油で食べると、普段塩辛い刺身醤油を使っている人は大きな違和感を覚えることでしょう。

味噌も甘口です。名物のさつま揚げも甘口です。いろいろな料理が甘口で、鹿児島では甘い料理がおいしい料理とされています。

芋焼酎は、鹿児島人のこの食文化に見事にマッチしたのでしょう。米の取れ高が少ない鹿児島では、サツマイモが伝わるとすぐに栽培して焼酎にしてみた。そしたら甘いお酒だった。だからこそ鹿児島人の口に合い、鹿児島に定着したのでしょう。

また、甘い料理は芋焼酎の味を引き立ててくれます。これまでに甘い味付けの料理で芋焼酎を飲んだことがなかった人が、本場鹿児島で甘い料理で焼酎を飲んだ時には、その見事なマッチングに感動すら覚えるでしょう。

鹿児島は遠いけれどもそのような飲み方をしたいと言う人は、ぜひネット通販でさつま揚げを買って、芋焼酎の肴にしてみてください。甘く味付けした豚の角煮なんかもいいですね。絶品ですよ。


sponsored link

関連記事

no image

芋焼酎に使われる麹

芋焼酎の銘柄を見ると、黒霧島、黒伊佐錦等と言う風に、黒と名のついたものが非常に多くあります。これは、

記事を読む

no image

梅酒の知られざる効果

梅雨も明けて、夏本番となりました。この時期に嫌なのが夏バテです。夏バテに効果があると知られている食べ

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーでの飲み方~

バーで飲む時にはマナーがあります。それはバーの雰囲気に合わせるということでしょう。例えばワイワイ騒ぎ

記事を読む

no image

夏に飲みたい日本酒(1)

梅雨が明ければ夏本番です。夏と言えば冷えたビールを渇いたのどに流し込むというイメージが強いでしょうが

記事を読む

no image

日本人と酒 11

現代に伝わる古代の酒盛りを見ると、神社の後の直会や田舎の風習に残っています。神社では大きなお祭りが終

記事を読む

no image

チェイサーについて

チェイサーというものがありますね。これは強いお酒を飲んだ時に、口の中をさっぱりさせるために水を飲むの

記事を読む

no image

秋田県を代表する日本酒(1)

東北に位置する秋田県は日本有数の米どころであり、日本酒造りも盛んな土地です。秋田の日本酒にはおいしい

記事を読む

no image

ワインに使われるブドウの品種

ワインに使われるブドウの品種を知っておくと、ワイン選びのコツがわかります。ここでは、赤ワインと白ワイ

記事を読む

no image

日本人と酒 16

今では、酒を買ってきて家で夜のむ独酌のことを「晩酌」と言いますね。以前はこれを「おしきせ」と言ってい

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(1)

ワインの好みは人によって大きく異なることもあるため、なんとなく買ってみた銘柄が自分の口に合わなかった

記事を読む

  • 2020年9月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑