*

鹿児島の食文化と芋焼酎

公開日: : 最終更新日:2014/05/15 お酒, 焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。

「味付けが甘い!」

そう、鹿児島はいろいろな味付けが甘いのです。醤油も甘く、例えるならば焼いたおもちにつける砂糖醤油のように甘い醤油が普通に使われています。とくに、刺身を食べるときにその醤油で食べると、普段塩辛い刺身醤油を使っている人は大きな違和感を覚えることでしょう。

味噌も甘口です。名物のさつま揚げも甘口です。いろいろな料理が甘口で、鹿児島では甘い料理がおいしい料理とされています。

芋焼酎は、鹿児島人のこの食文化に見事にマッチしたのでしょう。米の取れ高が少ない鹿児島では、サツマイモが伝わるとすぐに栽培して焼酎にしてみた。そしたら甘いお酒だった。だからこそ鹿児島人の口に合い、鹿児島に定着したのでしょう。

また、甘い料理は芋焼酎の味を引き立ててくれます。これまでに甘い味付けの料理で芋焼酎を飲んだことがなかった人が、本場鹿児島で甘い料理で焼酎を飲んだ時には、その見事なマッチングに感動すら覚えるでしょう。

鹿児島は遠いけれどもそのような飲み方をしたいと言う人は、ぜひネット通販でさつま揚げを買って、芋焼酎の肴にしてみてください。甘く味付けした豚の角煮なんかもいいですね。絶品ですよ。


sponsored link

関連記事

no image

梅酒の知られざる効果

梅雨も明けて、夏本番となりました。この時期に嫌なのが夏バテです。夏バテに効果があると知られている食べ

記事を読む

no image

鹿児島人と芋焼酎

鹿児島はお米がとれにくい土地柄であるため、昔からサツマイモの生産が盛んです。そのため、貴重な米を消費

記事を読む

no image

白ワインの醸造法

次に白ワインの醸造方法です。白ワインを作る時には果実のみを発酵させるという方法もありますが、果皮の色

記事を読む

20080402114602_img1_19

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(2)

○発泡酒 次に発泡酒について解説します。筆者もキリンの淡麗をよく飲みますが、ビールは高いから発

記事を読む

no image

フランス流飲みすぎ対策

ワインの年間消費量が世界ダントツ1位のフランスの人たちは、どのようにして飲みすぎ対策をしているのでし

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(1)

世界中で親しまれるワインですが、その歴史を知っていますか?これまでも少しずつ紹介してきましたが、今回

記事を読む

no image

北海道の日本酒(2)

・国士無双 高砂酒造の代表銘柄です。中国の古典である史記から名づけられており、名前から受けるイ

記事を読む

no image

適度なお酒で健康増進(2)

では具体的に、適度に飲めばどんな効果があるのでしょうか。   ・死亡率が低くな

記事を読む

no image

スパークリングワインの醸造法

ワインの一種に炭酸入りのワイン、すなわちスパークリングワインがあります。これを作るためには、製造され

記事を読む

no image

日本人と酒 5

あまり神道的解釈を深くし過ぎてもお酒の話から逸脱してしまいます。ヤマタノオロチ退治の話に戻しましょう

記事を読む

  • 2020年2月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑