*

芋焼酎はお湯割りで

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 お酒, 焼酎

芋焼酎といえば、他の焼酎に比べて香りが豊かなことが特徴です。鹿児島人からするとほとんどなじみのない飲み方といえば、ロックや水割りで飲むことです。九州から離れれば離れるほどに水割りやロックを好む人が増えてくるものですが、鹿児島人は必ずお湯割りで飲みます。夏だろうと、どれだけ暑かろうと、年中お湯割りで飲むのです。

これにはちゃんと理由があります。お湯で割ることによって、芋焼酎の最大の特徴である甘味や香りを舌で楽しむことができるからです。お湯割りと水割りを飲めば違いは明らかで、水割りやロックは舌が冷えて感覚が鈍くなるため、甘味や香りを感じにくくなるいのです。

また、冷たいものを体にいれて体を冷やすことは体によくないことだと言う医学的な発想も生きています。

 

鹿児島には「ダレヤメ」という言葉があります。「ダレ」とは疲れという意味であり、「ヤメ」とは辞めるという意味です。怠ける、だらっとすることを「だれる」というのは九州の方言ですが、つかれてだれることをやめることを「ダレヤメ」といいます。

これはお湯で割った焼酎を晩酌として毎日のむ習慣のことであり、体にいい芋焼酎のお湯割りを季節に問わず飲むことによって、元気を取り戻すと言うことです。


sponsored link

関連記事

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

日本人と酒 14

古代の酒盛りは神聖なものでしたが、それは時代とともに変わってきました。それは酒の醸造技術が進歩し、そ

記事を読む

no image

休日の昼から飲むならこのお酒

贅沢な休日の過ごし方の一つに、昼からお酒を飲むと言うものがあります。とくにいい天気の日にウッドデッキ

記事を読む

ビール

古代からのビールの歩み

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどう

記事を読む

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

no image

日本酒風呂のすすめ

日本酒は美容効果が非常に大きいお酒ですが、単に飲むだけではなく、お風呂に日本酒を入れた「日本酒風呂」

記事を読む

no image

ビール腹の真実(1)

さて、ビールがおいしい時期になってきましたね。喉の渇きを我慢して我慢して、家に帰って冷蔵庫に欠けより

記事を読む

no image

お酒の妖怪・のた坊主(1)

日本人の思想の発露の一形態として、筆者は妖怪と言うものに大変な興味を抱いています。お酒のコラムを書く

記事を読む

no image

ビアカクテル(2)

・シャンディガフ 筆者が一番好きなビアカクテルはシャンディガフです。ビールが苦手な人にも飲みや

記事を読む

20091011_787595

梅酒を一週間で作る方法

先日梅雨があけましたが、この時期になると梅の実が売られ始めます。この梅を使って梅酒を作る人も多いこと

記事を読む

  • 2020年6月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑