*

鹿児島人と芋焼酎

公開日: : 最終更新日:2014/05/13 お酒, 焼酎

鹿児島はお米がとれにくい土地柄であるため、昔からサツマイモの生産が盛んです。そのため、貴重な米を消費して日本酒を作ることはせず、もっぱらサツマイモをつかって芋焼酎を作りました。また、暑い気候のために日本酒造りに適していないと言うのも理由の一つですね。鹿児島には日本酒を製造している酒蔵はなく、日本の最南端にある酒蔵は熊本県芦北郡の亀萬酒造です。

 

ところで、日本でもっとお酒の消費量が多い県を知っていますか?東北のいずれかの県を答える人は多いでしょう。お米がよく取れるため日本酒造りは盛んで、寒さをしのぐために東北の人々は日本酒をよく飲むからです。

しかし実際には、日本一お酒の消費量が多いのは鹿児島県なのです。そして、芋焼酎の消費量はハンパではありません。

鹿児島では日本酒がつくられないため、神社のお神酒には焼酎がささげられていますし、居酒屋でお酒をくださいといえば芋焼酎が出てきます。

 

また、黒千代香(くろじょか)という専用の酒瓶を使うのも鹿児島ならではです。急須のような容器に焼酎を入れて火にかけ、いつまでも温かい状態でお猪口に注いでは飲むのです。私も経験済みですが、これで飲むといくらでも飲めるんですね。薩摩隼人のおじいさんと一緒に、一晩で焼酎を1升あけるなどは簡単なことでした。


sponsored link

関連記事

no image

焼酎の甲類と乙類の違い(2)

このように、甲類は特徴のない、アルコール臭い、おいしくない焼酎です。 これに対して乙類はおいし

記事を読む

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(2)

最近の若者はお酒をあまり飲まなくなってしまったというイメージがあります。仕事の後に飲み会に誘っても「

記事を読む

no image

世界中のビールのおつまみ(3)

・台湾・・・五香黒胡椒毛豆 台湾と言えば立ち並ぶ屋台が印象的です。台湾のビールはアルコール度数

記事を読む

no image

泡盛について(4)

アメリカから泡盛をつくれといわれた酒造関係者たちは、廃棄処分した米、砂糖、チョコレートなどを原料とし

記事を読む

20070725115958_img1_29

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(1)

酒屋のビールコーナーに行くと、ビール・発泡酒・第3のビールがおいてあります。ビールはもちろんビールそ

記事を読む

no image

日本人と酒 2

さて、ヤマタノオロチとはどのような怪物であったのか。古事記にはこのように書かれています。 &n

記事を読む

no image

お酒を健康に役立てる(3)薬酒の歴史

薬酒は世界中に様々なものがありますが、中でも有名なのは生薬・漢方の本場である中国のものでしょう。中国

記事を読む

no image

ビアカクテル(2)

・シャンディガフ 筆者が一番好きなビアカクテルはシャンディガフです。ビールが苦手な人にも飲みや

記事を読む

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(1)

夏といえばビール!そのように考える人は多いでしょう。確かに夏に冷えたビールを飲むのは美味しいことです

記事を読む

  • 2018年12月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑