*

鹿児島人と芋焼酎

公開日: : 最終更新日:2014/05/13 お酒, 焼酎

鹿児島はお米がとれにくい土地柄であるため、昔からサツマイモの生産が盛んです。そのため、貴重な米を消費して日本酒を作ることはせず、もっぱらサツマイモをつかって芋焼酎を作りました。また、暑い気候のために日本酒造りに適していないと言うのも理由の一つですね。鹿児島には日本酒を製造している酒蔵はなく、日本の最南端にある酒蔵は熊本県芦北郡の亀萬酒造です。

 

ところで、日本でもっとお酒の消費量が多い県を知っていますか?東北のいずれかの県を答える人は多いでしょう。お米がよく取れるため日本酒造りは盛んで、寒さをしのぐために東北の人々は日本酒をよく飲むからです。

しかし実際には、日本一お酒の消費量が多いのは鹿児島県なのです。そして、芋焼酎の消費量はハンパではありません。

鹿児島では日本酒がつくられないため、神社のお神酒には焼酎がささげられていますし、居酒屋でお酒をくださいといえば芋焼酎が出てきます。

 

また、黒千代香(くろじょか)という専用の酒瓶を使うのも鹿児島ならではです。急須のような容器に焼酎を入れて火にかけ、いつまでも温かい状態でお猪口に注いでは飲むのです。私も経験済みですが、これで飲むといくらでも飲めるんですね。薩摩隼人のおじいさんと一緒に、一晩で焼酎を1升あけるなどは簡単なことでした。


sponsored link

関連記事

no image

焼酎の甲類と乙類の違い(3)

では、甲類焼酎と乙類焼酎はどのような違いによって香りや味の差が生まれているのでしょうか。それはひとえ

記事を読む

no image

白ワインの醸造法

次に白ワインの醸造方法です。白ワインを作る時には果実のみを発酵させるという方法もありますが、果皮の色

記事を読む

no image

千鳥足の語源

ひどく酔っぱらうとまっすぐ歩くことが困難になり、ふらふらしながら歩くことになります。このことを「千鳥

記事を読む

no image

水割り好きな日本人

ウイスキーは洋酒の中でも日本人にとってなじみ深いお酒の一つでしょう。しかし、外人の飲み方と日本人の飲

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(1)

夏といえばビールと思っている人も多いでしょう。確かにそれも間違いではありませんが、なるに飲むのはカク

記事を読む

no image

キューバリブレの話(2)

キューバリブレはラム酒とコーラを混ぜたものですが、この他にもモヒートやダイキリなどのように、キューバ

記事を読む

no image

ビール腹の真実(1)

さて、ビールがおいしい時期になってきましたね。喉の渇きを我慢して我慢して、家に帰って冷蔵庫に欠けより

記事を読む

Unknown

日本酒に良く合うおつまみ・食事

お酒によって、おつまみを選んだり、食事を選んだりするのでこれからは 日本酒だけではなくビールや焼酎

記事を読む

f16fe9e532fccdff56230b26c1f3222d

世界的に有名な食後酒

・イエガーマイスター 世界中で売られている大変有名なハーブリキュールに、ドイツ産のイエガーマイ

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られる(3)馬乳酒

次に紹介するのは馬乳酒です。これは若い人でも比較的知っている人が多いのではないでしょうか。なぜならば

記事を読む

  • 2020年6月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑