*

芋焼酎の原料

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 お酒, 焼酎

焼酎にはたくさんの種類があります。麦焼酎、米焼酎、蕎麦焼酎、芋焼酎、黒糖焼酎・・・

中でも芋焼酎には様々な原料があり、原料によって味も大きく変わってくるのが楽しいものです。

 

原料となるのはイモ類であり、特にサツマイモは頻繁に使われます。

サツマイモは国内で40種類ほどの品種が流通していますが、その中でも最も代表的な品種が黄金千貫という品種です。中身は白くて味が良いサツマイモです、たくさん収穫できるので、食糧が今ほど豊かでなかった昔でも焼酎の原料として使うことができたのでしょう。

ふかして食べると栗のような上品な香りがするため、香りが大切な焼酎造りにはこの点からも使いやすい品種であると言えます。

 

ほかにはベニハヤトという、ニンジンのように赤いサツマイモも使われます。この赤色はニンジン同様βカロチンであるため、ベニハヤトで焼酎を造るとニンジンのような香りがします。

 

そのほかの紫色系のサツマイモも使われます。

この品種を使って焼酎を作ると、他の品種の焼酎よりも甘酸っぱいような香りがします。

 

芋焼酎は独特の臭みがあるため好き嫌いが分かれやすいものですが、九州では非常に多く消費されている焼酎です。鹿児島と宮崎で盛んに製造されています。

 


sponsored link

関連記事

no image

バーボンのすすめ1

バーボンの正式名称はバーボンウイスキーですが、バーボンはアメリカ合衆国のケンタッキー州を中心に作られ

記事を読む

no image

フランスのお酒はフレンチとともに

フランスのお酒と言えば、ワインです。フランス人にとってはワインは非常に身近な存在であり、フランス人は

記事を読む

no image

お酒に強い人と弱い人(1)

世界の人種を大別すると、モンゴロイド、ネグロイド、コーカソイドに別れ、日本人はモンゴロイドに含まれま

記事を読む

150x150_square_3732184

大阪のオススメ居酒屋・バー(大阪・福島編2)

本日は最近私がほんとに気に入ってる和食の店なのですが、 大阪福島にある「魚のすすめ」と言うお店をご

記事を読む

ビール

古代からのビールの歩み

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどう

記事を読む

no image

お燗のポイント

お燗をするとき、熱燗にするつもりがぬる燗になってしまった、またはぬる燗にするつもりが熱燗になってしま

記事を読む

no image

タスト・ド・パンとは

ソムリエの格好を見ると、首から灰皿のような容器をぶら下げているのを見たことがあるかと思います。この容

記事を読む

no image

ワイン生産が盛んな国

ワインの生産のためにはブドウが必要であるため、世界の中でもワイン生産が盛んな国と言うのはブドウの生産

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られる(3)馬乳酒

次に紹介するのは馬乳酒です。これは若い人でも比較的知っている人が多いのではないでしょうか。なぜならば

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(4)

ワインが一躍脚光を浴びたのは、近年ポリフェノールの健康効果が注目されたことによります。赤ワインの原料

記事を読む

  • 2020年9月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑