*

「 日別アーカイブ:2014年05月16日 」 一覧

日本人と酒 3

2014/05/16 | お酒, 酒の歴史

さらに言うならば、スサノオノミコトはヤマタノオロチを退治した後に、その尻尾を切り裂いて三種の神器の一つである草薙の剣を取り出します。神代から人代に代わってからは、スサノオノミコトの化身ともいわれるヤマ

続きを見る

日本人と酒 2

2014/05/16 | お酒, 酒の歴史

さて、ヤマタノオロチとはどのような怪物であったのか。古事記にはこのように書かれています。   「頭尾各八岐あり。眼は赤酢醬のごとし。松栢背上に生ひて、八丘八谷の間に蔓延れり」

続きを見る

日本人と酒 1

2014/05/16 | お酒, 酒の歴史

日本人にとって酒がどのようなものであったかは、日本最古の書物である古事記を見るとよくわかります。古事記において酒が初めて登場するのは、スサノオノミコトという勇敢な神様が、ヤマタノオロチという怪物を倒す

続きを見る

PAGE TOP ↑